バリフを飲むと吐き気がするってホント?気になる副作用について解説

副作用


EDは男性特有の悩みであり、バイアグラなどのED治療薬はそれを解決する心強い存在です。その一方で、医師に診察を受けて処方される必要がある薬でもあり、効果だけでなく副作用も起こる可能性があります。安心してお薬による治療を受けて頂くためには、予め副作用に関する予備知識と、適切な対処方法を身に着けることが重要です。そこで、ここではバリフの副作用に関する概要と、対処方法についてまとめてみました。

バリフの購入なら、AIDONEがおすすめです。まずは金額や成分を見てみたいという方は、こちらから確認してみてください。

バリフの主な副作用

バリフ🄬(成分名:バルデナフィル)については、幾つかの副作用が報告されています。多い順にならべてみますと、頭痛、潮紅(顔の血管が拡張することで顔面が紅潮する)、鼻閉(鼻づまり)、消化不良、ほてり、浮動性めまい(フワフワする感じのめまい)、悪心、動悸などです。いずれの副作用についても、成分であるバルデナフィルによる血管拡張作用によって引き起こされるものと考えられます。せっかくバリフを飲みたいと考える方にとって、少しでも副作用は少なく済めばよい思うのは当然です。

そこで、ここではバリフによる副作用に関する情報や対処法について紹介していきます。

 

バリフを飲んで吐き気が起こる原因

バリフなどの薬剤は、いずれも海綿体の平滑筋を弛緩させることで効果を発揮します。海綿体への血流が増加し、かつそれが長く組織に留まる事で勃起が維持される分けです。ただ、まれに海綿体以外にも存在する平滑筋を弛緩させることもあり、これが吐き気などの副作用を引き起こすわけです。

平滑筋は、自律神経でコントロールされている不随意筋で、胃、食道、小腸と大腸、および血管壁などに分布しています。胃の中の食べ物が食道に逆流するのを防ぐ働きをする平滑筋が弛緩すると、胃酸の逆流が起こり、胸焼け、胃食道逆流症、胃の不快感などの症状を引き起こします。

 

吐き気が起こった時の対処法

ED薬の副作用による胸焼けには、H2遮断薬やプロトンポンプ阻害薬など、一般的に胸やけなどに使用される薬が効果的です。H2遮断薬はドラッグストアでも購入可能なので、比較的入手しやすい薬であると考えられます。

胃や食道の不快感は、性交の直後やバリフなどの薬剤を服用した翌日に発生することが多いため、性交後、就寝前に短時間服用することをお勧めします。 ただし、バリフなどの薬剤を服用した直後に胃腸の不快感を感じる場合は、ED薬と同時に服用することをお勧めします。

もちろん、吐き気は必ずしもお薬の治療が必要ではない場合も多々ありますので、調子がすぐれない時は横になって休むことも重要です。

バリフの副作用を予防するための方法

用法・用量を守る

どの薬にも言えることですが、薬の本来の効き目を発揮しつつ、副作用などの望ましくない作用を最小限にとどめるためにも、定められた用法や用量を遵守頂く事が重要です。用法については、薬によっては、胃の中に食べ物がある場合に体へ吸収される速度が変わる可能性があるため、食後や食前など服用するタイミングが個別に設定されています。

また言うまでもなく用量については、薬の効果が発揮されるためには一定の量をしっかりと飲む必要がありますけれど、その量が多すぎると副作用が起きやすくなることは想像に難くありません。以上の様な理由から、しっかりと用法や用量を守って頂くようお願い致します。

 

使用期限が切れたものを使用しない

全ての医薬品には、使用期限が定められています。その理由は、有効成分が効果を示すために必要な量がしっかり保たれなければ、医薬品としての信頼を失いかねないからです。そのためには、その期間を保証する必要があるために使用期限が設けられています。よって、医薬品は使用期限内のものだけを服用するようにしてください。医薬品として国からの承認を得るためには、様々な基準を満たす必要があり、製薬会社は様々な試験を実施してその基準を満たすことを報告する必要があります。その中には一定の温度で一定期間にわたって保管した場合に、有効成分が、効果を発揮するのに十分な量が残っている事や、有害な成分は発生していない事などを確かめる試験などがあります。

 

初めて服用する場合は半錠にして様子を見る

全ての薬は、ヒトを対象とした治験によって効果や安全性が確かめられたうえで、承認されています。定められている用量も、治験の結果を踏まえて設定されているものです。一方で、薬の効き目や副作用の出方や感じ方には、個人差があることも事実です。もしも、これまでに薬を指示通りの用法用量で服用しても効果が出すぎた、副作用が気になったという方ですと、初めてバリフを服用する際は錠剤を半分に割って服用することで、より安心して服用頂ける場合があります。もちろん、半錠にすることで本来の効き目が出づらくなる可能性もありますが、安心して飲みたいという方にはこのような飲み方がお奨めされる場合があります。

 

バリフが買えるおすすめ通販サイト

バイアグラの登場以来、ED薬は男性の生活に欠かせないものになりました。

今日では、バイアグラに加えて、レビトラ、シアリス、およびそれらのジェネリック医薬品など、他のさまざまなED薬があります。

ここでは、ED薬を販売する最も人気のある通信販売サイトのいくつかを紹介します。

商品数、価格、サポート体制など様々な違いがありますので、自分に合ったサイトを探してみてください。

AIDONE

AIDOME(エイドワン)は、最近注目を集めている医薬品の通販・個人輸入代行業者です。最も大きな特徴は、サイトが大変分かりやすいということです。バリフのような男性向けの医薬品だけでなく、女性向け、美容の薬など様々なカテゴリーに分かりやすく分けられています。これなら、カタカナばかりの薬を選ぶ際に、迷わずほしいものを選択できますね。安全安心の購入システム、また24時間対応だけでなくコールセンターも設けられていますので、気になることが有ったらいつでも相談できるのも安心ですね。

お悩み宅急便

2015年創業のお悩み宅急便は、全ての製品がメーカー正規品100%保証で、安心して購入できる業者さんです。世界中の高品質な医薬品を、問題を抱えているすべての人々に低価格で提供しすることをモットーにされており、なじみのないジェネリック医薬品も幅広く取り揃えていることもセールスポイントの一つとのこと。購入者のプライバシーを保護するために、名前なしでのパッケージにも対応していただけるとのことで、安心して購入できる業者さんです。

 

オオサカ堂

オオサカ堂は20年以上の歴史を持つ老舗サイトです。老舗ならではの安心感で、多くの方が長期間にわたってこちらのサイトから購入をしています。オオサカ堂の最大の特徴のひとつは、中国の漢方薬や海外の菓子など、幅広い商品を扱っていますので、それだけ取引先からの信頼も厚いことが裏付けられています。迷ったら、こちらから購入されてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ED治療薬であるバリフは、用法と用量を守りながら適切に使用することで、男性の悩みの解消に役立てていただけると考えられます。服用する時は、吐き気などの副作用に注意しながら、心配な方は半分の量だけ飲むということでも良いかと思われます。吐き気などの副作用は、市販の薬を使用したり休養したりすることで、十分に対処できるものですのでご安心ください。購入される際は、こちらのサイトで紹介した信頼と実績のある業者さんを通して頂く事をおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました