バリフは半分にして飲んでも大丈夫?用量や正しい飲み方を紹介

未分類

バリフとはED治療薬の1つレビトラのジェネリックなのですが、日本では未承認薬なので手を出すべきか悩まれている方も多いと思います。確かに国内で医師から処方してもらうのが1番安心なのですが、人にはそれぞれの事情というものがあり、どうしてもバリフでないとダメなのだという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方が、バリフにおけるリスクを少しでも回避出来るように正しい飲み方を紹介していきたいと思います。

バリフは半分にして服用してもOK!

バリフは海外医薬品のため、もちろん日本人の用量を考慮して作られていません。では日本人が飲める適正用量はというと、バリフの主成分バルデナフィルの日本国の承認用量は1回10mgを基本としています。バリフの規格は20mgだけのようですので、まずは半分にして日本人として安心できる服用量から初めていきましょう。もちろん日本には5mg錠という規格も発売されているので、さらに半分にして1/4錠から試すのも良いと思います。まずは少量から初めて効果を実感するようにしましょう。

 

ピルカッターを利用すると便利

皆様はピルカッターをご存じですか?錠剤を半分に割ってくれる優れもので、最近では100均でも手に入るようになりました。本当に効果不十分な場合でない限り、バリフを毎回半分にして飲む必要があります。後述しますが力ずくで割るのは1回位ならまだしも、毎回は結構骨が折れる行為ですので、ピルカッターがあるだけでも随分楽して飲めると思います。もちろんバリフ以外の薬にも使えるので、一家に1つあっても良い代物です。

 

ない場合は包丁やカッターでも可能 

半分に割るのは実は包丁やカッターナイフでも対応する事が出来ます。実際薬剤師さんたちも薬によってカッターを使用する事があります。ただしとても柔らかい錠剤だったり、半分に割る線(割線)が入っていなかったりと、薬によっては上手に割れずひどいときは割った半分を粉々にしてしまう事もあり、無駄にしてしまう可能性大です。それなりの労力を費やして手に入れる薬なので、少しでも無駄にしない為にはピルカッターの使用がお勧めです。

半分だと効果がない人は? 

1回10mgで効果を実感できない場合は、薬を増やす前にまずバリフが効かない原因で当てはまる項目がないかを確認してみましょう。それでも効果が見られないときは20mgまで増やしてみましょう。1日20mgが日本人における最大用量です。

ちなみに65歳以上の方は日本での承認用量は最大10mgなので、半錠までにしておいてください。なぜなら、元々この薬は心臓に対する治療薬として開発されましたので、適正量を超えた場合の体への負担はとても大きいです。上限を超えて飲むと効果以上に副作用の方が強く出てきますので、ここは必ず守って下さいね。

バリフの効果がない原因

バリフの効き方は、陰部の毛細血管を拡張させることでいつも以上に勃起をしやすく補助をすることによります。ですが、補助飲みで、興奮剤は入っていません。飲んだ人全員に効果が発揮されて、自分の意思とは無関係に勃起させるものではないのです。意外と男性器はデリケートで、色々な要因によって飲んでも効果が出ない時があるのです。

 

性的刺激・興奮が少ない

勃起を促すためには性的刺激や興奮が必要となってきます。それを得ることで脳が活性化し、脳から陰部に信号が伝達され、血管が拡張し勃起へとつながります。バリフを飲むことで、陰部の毛細血管がより拡張されやすくなり、勃起しやすくなるのですが、バリフ自体には性欲を高める効果はないため、自ら興奮しなければ、そもそも信号伝達がされなくなり、効果不十分となってしまいます。服用と一緒に性的刺激や興奮を高める事もとても大事な要因なのです。

 

油ものを食べている

食事の後に飲むのが良いのでしょうか、という飲み方についての質問は結構多いと思います。バリフについては、日本食程度ならさほど気にする事はないのですが、影響を受けてしまう食べ物もあります。それは、バターやベーコン、マヨネーズ、揚げ物、ナッツ類(アーモンド、ピーナッツ)などの高脂肪食と言われる類いのもので、服用前に摂取していると吸収が邪魔されて効果が出にくくなります。ちゃんと薬の効果を出すためには、あらかじめ脂肪の多い食事は避けた方が良いでしょう。

 

飲酒のし過ぎ

薬と飲酒との相性は適量ならさほど問題にはなりません。むしろアルコールが体へ及ぼす影響の方が気になります。先にも記述をしたとおり、脳中枢が興奮することで勃起します。お酒を多少飲んだくらいなら問題はないと思いますが、普段以上に飲むことにより、脳の働きが抑制され、脳での興奮作用が低下することにより効果が得られなくなる可能性が出てきます。これは性行為における失敗談で良く聞くあるあるなお話ですね。バリフを飲む際は、必要以上に飲み過ぎないように注意しましょう。

 

精神的ストレスが大きい

EDになる原因の1つに心因性の要因が存在します。行為に対する不安はもちろん、ストレスや、極度の疲労などが邪魔をしてくると、性的興奮は感じにくくなり、性行為どころではなくなります。つまり気持ちが付いてこないと結果興奮につながらないと言うことです。バリフ自体には性欲を高める効果はありませんので、気分がのらないときは飲んでも効果を発揮しません。結構勘違いをされている方が多いので、この様な時は焦って薬を増量しようとせず、ゆっくり休んで英気を養いましょう。

 

バリフが購入できる通販サイト


バリフは日本では無認可の医薬品であるため、国内での入手は出来ません。しかし、無認可薬でも自己使用の目的で薬機法の範囲内であれば使用可能です。入手方法としては海外業者からの直接個人購入が現実的ですが、現地の店舗と直接他国言語を用いて取引することとなり、個人での直接購入はなかなか難しいと思われます。そこで登場するのが、個人と店舗の間に入ってくれる個人輸入代行業者です。ただし、バリフにおける1番の問題点は、偽物がまぎれてしまう事のようです。ここ数年の間に、製薬会社が行った調査では最低4割は偽物だったとの報告もあり、近年厚生労働省が取り締まりを強化しています。薬機法に引っかかってしまう業者も結構あるようです。個人輸入の場合の最終責任は輸入代行業者ではなく、輸入した購入者となります。安心して薬を飲むための第一歩として、偽物をつかまされないしっかりした業者を探す必要があります。

 

AIDONE

 

AID ONEは、安全性の高い海外医薬品だけを販売しているので、口コミでも評価が高く利用者が多いのが特徴です。パソコンやスマートフォンから、24時間いつでも注文が出来るので、家事や仕事の合間でも注文ができます。在庫が十分にある場合は、注文をしてから発送までのスピードが速いので安心です。バリフ以外にも、豊富な種類の医薬品を取り扱っており、信頼できる通販サイトです。

お悩み宅急便

 

お悩み宅急便は海外の先発医薬品、ジェネリック医薬品を取り扱っており、本物の薬だけを販売しているので、口コミでも評価の高い通販サイトです。大手通販サイトと買い物の方法も同じなので、スムーズに買い物が出来るのが魅力です。バリフ20mgは錠剤タイプなので、自分の体質に合った分量にカットしやすいです。在庫が十分にある場合は注文をしてから、発送までのスピードが速いのが魅力です。迅速で丁寧な応対なので、安心して購入出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか?バリフを服用する上で大事な点は、いかに少ない用量で副作用を出さずに効果を発揮させるかです。少し怖いし、購入も面倒だと思われた方は、去年国内でもジェネリックが発売されましたので、病院で国産ジェネリックを出してもらうのも1つの手です。

ただそれでもバリフが欲しいという方、バリフは日本国未承認薬であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象にはならず、副作用が出てしまっても補償対象外となり全て自己責任となってしまいます。間違った飲み方で自分を危険に晒さないように正しい知識を身につけて、困ったときは必ず医師または薬剤師に相談してくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました