バリフは食後に飲んでいい?効果を引き出す使い方と注意点

ED治療薬として人気が高いバリフですが、飲むタイミングによって効果が弱まることがあります。せっかくのチャンスなのにキチンと作用しないのでは意味がありませんので、正しい服用方法は把握しておきたいもの。この記事では、食後に飲んでも良いのかをはじめ、服用のタイミングなど効果的な使い方について紹介していきます。

 

バリフは食後に飲んでもいい?

バリフの有効成分は、3大ED治療薬の一つとして知られるバルデナフィルです。この成分は3大ED治療薬の中で、食事によって受ける影響の大きさは中間程度と言われています。つまり、食後に摂取しても効果が発揮されますが、若干、勃起力が低下する可能性は否定できません。できれば空腹時の服用がベストですが、そんなに大量に食べなければ、食後でも問題はないでしょう。ただし、食事の内容によっては効き目が失われる可能性があるので注意してください。

バリフを服用するときの注意点

上手にバリフを活用するために、気を付けたいポイントを紹介します。ED治療薬は全体的に使い方にコツがあって、知っておく方がいざと言う時に失敗しにくいのです。使い方を誤ると効果が発揮されない可能性がある他、副作用の発生によってお楽しみが台無しになることもあります。必要な時に適切に作用させるために、大切なポイントを確認しておきましょう。

脂っこい食事は控える

脂肪分を多く含む食事は、バリフの効果を低減させるため、避けるようにしましょう。多少ならば大丈夫ですが、肉や揚げ物の食べ過ぎは厳禁です。なぜならば、バリフの有効成分・バルデナフィルは脂肪との相性が悪く、吸収率が下がる特性があります。高脂肪な食事の後では、せっかくの有効成分が体に吸収されず、そのまま排出されるわけです。問題になる脂肪分は動物性・植物性を問いません。料理だけではなく、牛乳や豆乳にも気を付けましょう。

 

過度な飲酒はNG

基本的にバリフは、アルコールの影響を受けにくいと言われています。若干、お酒によって吸収率が低下するおそれはあるものの、少量ならば大きな影響はありません。このため、過度な飲酒を避けるようにすれば、きちんと効果は引き出せるはずです。ただし、バルデナフィルはもともと、血管を拡張して血流を増やすのが特徴の成分ですから、お酒の酔い方が普段と変わります。血行が良くなる分、お酒が急速に回るので気を付けてください。

 

性交の1時間前位を目安に服用する

バリフの効果を引き出すためには、飲むタイミングがとても重要です。飲んですぐに作用するわけではありません。また、成分は体内で分解されるため、効果は時間と共に低下していきます。このため、効果がピークとなるようにタイミングを調節することが、上手に使うコツです。具体的には、行為に及ぶ1時間前に服用するのがおすすめ。バリフは飲んで1時間後に効果が高まり、その後4時間から6時間位は持続します。ただし、持続時間は個人によって差がありますので注意しましょう。

 

初めて服用するときは半錠から!

効果が出やすいのが特徴ですから、バリフの服用は半錠から始めるのがおすすめです。バリフにはバルデナフィルが20㎎配合されていますが、日本人向けには10mgの処方が一般的。このため、最初から1錠飲んでしまうと、効果が強すぎて困る上に、副作用が現れる可能性が高まります。性行為中に副作用が出現すると、酷い思い出になりかねません。実際の口コミ評価をみても、多くの人が半錠で充分な効果を得ているので、まずは様子見もかねて、この分量からスタートしてください。

 

バリフを服用するときのよくある質問

バリフを使う時に良くある疑問・質問と、その答えを見ていきましょう。特に追加で服用できるのかや副作用の危険性、飲み合わせの問題などは気になる部分。ED治療薬は全体的に、正しい用法を守らないとリスクがありますから、ぜひ、前もって確認してください。また、おすすめの購入方法も紹介していますので、こちらも要チェックです。

 

1回服用した後、いつから服用ができますか?

基本的に、服用できるのは1日1回だけです。1度飲んだら、24時間は間隔をあけてください。バリフの効果は10時間も経つと消えてしまいますが、まだ、身体への負担は残っています。行為後に寝て、朝起きてからもう一度と言うケースもあるでしょうが、このタイミングでの使用は良くありません。成分が残留しているために副作用が生じるリスクがある他、代謝に関わる肝臓への負担が大きく、トラブルにつながる可能性があります。とても危ないので、服用は1日1度までで、24時間の間隔を守るようにしましょう。

 

バリフの副作用について教えてください。

特に重篤な副作用の出現率は高くありませんが、軽い症状は2割程度の方が経験すると言われます。軽い副作用のなかで代表的なのが火照りや動悸、頭痛の3つ。体全体の血管を拡張するのが原因です。体表面の血管が広がると火照りが生じます。頭の血管が広がると頭痛を生じ、また、血圧が低下するので動悸を感じることも多いです。これらの症状は重くなければ、安静にしておけば収まるでしょう。重大な症状としては視力の低下があります。他に気になる症状があったり、火照りや動悸が強い時には、医師への相談が選択肢です。

 

併用してはいけないものについて教えてください。

併用できない医薬品は多いので、注意してください。代表的なのは、硝酸剤や抗ウイルス薬、抗真菌薬です。他にも抗不整脈薬も併用禁止となっています。硝酸剤はニトログリセリンやニトロールなどが有名です。抗ウイルス薬、抗真菌薬はHIVや水虫の治療を行う薬で、いずれも注意が欠かせません。抗不整脈薬も併用禁止ですが、もともと不整脈がある方は、バリフを使うのは危険性がありますから、医師に相談した方が良いでしょう。他にはグレープフルーツは効果を低下させるため、好ましくありません。

 

バリフはどこで購入できますか?

バリフの入手手段は主に二つあります。個人輸入と、医療機関による処方です。バリフは日本では未承認薬ですが、医療機関によっては処方してくれる病院・クリニックがあります。初めて使う時や持病がある方、他に薬品を服用している時は、こちらを検討すると良いでしょう。個人輸入はネット上の代行サービスを使うと便利です。ネットショップと同じような感覚で使えます。バリフは人気が高い薬で、複数の輸入代行サービスが取り扱っているため、競争原理もあって比較的リーズナブルに入手できます。

まとめ

人気の高いED治療薬・バリフの情報をまとめてきました。食事とアルコールに気を付けることと、用法用量を守ってリスクに備えることが大切です。入手は比較的簡単で、ジェネリック医薬品ですから価格面でもメリットがあります。初めてのED対策にも良いですし、他の治療薬では不満がある時にも、こちらを検討するものおすすめです。特に個人輸入を行う時は、購入するのが薬ですから、できるだけ信頼が持てるストアを選びましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました