バリフは違法それとも合法?輸入代行が許される容量などまとめ

情報・豆知識

バリフは勃起改善薬として人気が高い、レビトラのジェネリック薬です。本家よりリーズナブルですが同程度の効果が期待できるので、多くの男性から注目を集めています。入手方法は輸入代行がありますが、これって違法じゃないのかと気になる方も多いはず。そこで今回は、注意点など含めて、バリフの入手方法を紹介していきます。

バリフの輸入代行は違法なの?

結論としては違法ではありません。違法性やグレーゾーンな取引とのイメージを持っているかもしれませんが、実は、厚生労働省が公式サイトでも認めているので、法律には違反しないと言えます。医薬品などの輸入代行は、医薬品医療機器等法などによって取り締まられていますが、一定の範囲で許可されています。もちろん、なんでも自由に輸入できるわけではありませんが、バリフについては一定の条件を満たして利用する上では、違法行為となるおそれは基本的にありません。

 

バリフの輸入代行は合法

上記のようにバリフの個人輸入とその代行は合法です。このため、個人輸入サイトもきちんと手続きをしているクリーンな経営方針のものなら、法律的には安心して使えます。それでは何故、バリフは個人輸入が人気なのかですが、実は国内未承認の薬なので、日本医療機関では処方されていないのです。成分はレビトラのジェネリックですが、承認手続きを経ていないため、入手するにはネット通販・個人輸入サイトを活用するのが選択肢となります。

 

分類によって制限されている 

医薬品などの輸入は、薬品の分類によって制限されています。バリフは中でも、処方せん医薬品に分類されているため、手軽なサプリなどと違って厳しめの規制がかけられています。処方せん医薬品は濫用リスクなどが懸念されていますから、チェックが厳しいのです。輸入自体はできますが、色々なルールがあるので気を付けましょう。

 

分量・用法容量からみて1か月以内の分量であれば輸入可能

バリフを輸入する場合、一度に取り寄せできる分量に決まりがあります。大量に購入して濫用されるリスクを抑制するのが目的のようです。用法容量から考えて、1か月までの分量なら許可されています。このため、何か月分もまとめ買いすることは、基本的にできません。なお、一か月にあたる分量は、用法と成分量の両面から考える必要があります。

 

輸入代行可能な量

それでは実際、どれくらいの分量が一か月分にあたるのかは気になるところでしょう。人によって使う量は違うと思いますが、法律は融通が利かない代物なため、一括で「全員、一か月でこれだけ」と決められています。具体的にどれくらいの分量まで輸入が許されるのかは、下記をにまとめているので参考にして下さい。

 

20mg錠剤は一度に30錠まで合法

バリフは一回の使用につき、20㎎までとなっています。これを一か月30日で計算して、20mgの錠剤は30錠まで輸入できるようになりました。最初は錠剤を割って10㎎ずつから試す方も多いですし、そもそも1か月毎日性交渉をする方ことも珍しいと思いますが、国の規制では上記の通りが「1か月分」となっています。

 

オーラルゼリーは一度に30包まで合法

オーラルゼリーも効果効能は錠剤のバリフと同程度ですが、ゼリー状になっているため、水がなくても飲めるのが人気です。喉通りが良いゼリータイプですから、旅先などでさっと服用できます。また、錠剤タイプより即効性が優れているのも特徴でしょう。こちらも成分としては20㎎が含まれており、錠剤と同じく30包まで輸入可能です。

 

輸入代行可能な用法

輸入代行を利用する際には、用法についてもチェックが欠かせません。用法とは薬の飲み方のことです。バリフは処方せん医薬品に分類されるほどの効き目がありますから、それだけ身体に対する負担などの懸念材料もあります。このため、用法についてもしっかりとルールを守って使用しないと問題が生じかねません。以下を参考にして、正しく用いるようにしましょう。

 

20mg錠剤は成人男性は1日1錠

錠剤タイプは1日あたり、1錠までの服用が可能です。これを1か月分ですから、1度に輸入できるのは30錠までに制限されています。特に何度も性行為を楽しむために、1日何度も服用しようとする人がいますが、危険ですので止めておきましょう。バリフの成分は20㎎を超えると、代謝が間に合わずに身体に残ってしまいます。この残留した成分が身体に負荷をかけて、健康を害するおそれがあるのです。

 

20mgオーラルゼリーは成人男性1日1包

オーラルゼリーも1日あたり、1包までに制限されています。味付きで飲みやすいので油断するかもしれませんが、1日あたりの上限は20㎎ですから、複数回服用するのは危険です。過剰摂取すると効果よりも強い副作用がでる可能性があります。バリフは厚生省未認可薬ですから何かあった時には自己責任なので、慎重に考えて下さい。

 

バリフ輸入代行業者には、偽造医薬品もあるので注意

海外では日本と違い、偽造医薬品に対する取り締まりが緩い国が多いです。バリフのような人気薬は特に、悪徳業者の狙い目になります。このため、きちんと調査していない輸入代行業者だと、偽物を掴まれている可能性が高いです。中には自らすすんで偽造医薬品を売っている違法な業者の存在も否定できません。これらの偽造薬は言うまでもなくリスクが高いため、細心の注意が必要です。

 

正規品と同じ有効成分がほとんど含まれていないもの

よくあるのが、コストを切り下げるために有効成分の含有量を故意に減らしている薬品です。これでは効果はイマイチで、お金をどぶに捨てる結果になりかねません。また、単純に技術的な問題から、含有量が安定しない場合もしばしばあるようです。中には一日承認容量を超える成分を含むケースもあり、副作用や身体への負担が危惧されます。いずれにしてもデメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

 

正規品には含まれていない物質を含んだもの

有効成分を含まない偽物は、検査に掛かると比較的簡単にバレてしまいます。それを防ぐために、偽造業者は色々な混ぜ物をして、何とか誤魔化そうと工夫しているのです。もちろん、服用した場合のリスクは考えていません。このため、通常は薬として使われないような危険な物質を混ぜている偽造薬も、度々摘発されています。

 

偽造医薬品は予期しない副作用や死に至ることも

偽造医薬品は集団犯罪組織の資金源になっていることもあり、かなりあくどい手口で製造されています。人体への影響などは省みませんから、油断して服用してしまうと、酷い症状で苦しむ可能性があります。強烈な副作用が生じたり、正規品にはない症状が出たりして、医療機関での処置が必要になることもあるでしょう。最悪の場合には死亡するリスクも、ないとは言い切れません。実際に一部の国では年間、数万人以上が偽造薬のために死亡しているとされます。輸入する際には、安全対策に万全を期したいものです。

 

バリフは信頼できる通販サイトで

近年は医薬品やサプリの個人輸入を行う方が増えていますので、それに伴って個人輸入サイトも乱立しています。中には違法性が高いサイトや、詐欺行為を働いている可能性もあるため、利用する業者はしっかりと選ぶことが大切です。特にバリフは人気ですので取り扱っているサイトも多く、選ぶ際には悩みがち。そこで以下では、まずリサーチしておきたい信頼感のあるサイトをまとめてみました。

 

AIDONE

エイドワンと読みます。ED治療薬を広く扱っていますが、特にバリフは低価格で提供しているのが魅力的です。レビュー件数も多いため参考になりますし、それだけ多くの方がこのサイトを使って輸入に成功している証でもあります。支払方法はクレジットカードの他にコンビニ払いに対応するなど利便性は高め。100%正規保証とコールセンターの設置があり、信頼感のあるサイトです。

お悩み宅急便

こちらもメーカー正規品100%の保証制度があるのが特徴です。安全重視で偽造薬を避けたい時には、このような制度を採用しているサイトを選びましょう。バリフについても取り扱いがあり、レビュー投稿者の数を見ても支持を集めていると言って過言ではありません。価格的には、割引キャンペーンをしばしば行っているので、タイミング次第ではお得に入手可能。経営期間が長めなのも安心材料です。

 

くすりエクスプレス

利用者が多くて知名度の高い輸入代行サイトの一つです。大量の医薬品を扱いますが、その全てに正規品保証が付いており、信頼感は高め。しかも、日本語完全対応のカスタマーサポートがあるので、困った時も安心です。梱包については中身がわからないように配慮してくれるので、ED治療薬を購入しても、家族にバレる可能性は低いでしょう。定期セールが多い上に送料無料を用意するなど、使い勝手も良好です。

 

まとめ

バリフの個人輸入について紹介してきました。個人輸入は基本的に自己責任になりますし、法律は度々改正されるので、慎重に利用していきましょう。また、重い副作用が多いわけではないですが、しばしば軽度の症状が現れますので、利用の際には各サイトの注意事項に目を通してから購入するのがおすすめです。ついでに、効果が現れるまでの待ち時間や、何mgから始めるのが良いかなども目を通しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました