バリフには即効性はある?バリフの服用方法と注意点を解説

効果・効能

結論から言うとバリフには即効性があるため、すぐに効果を期待したい人の願いに応えてくれるED治療薬です。安心して服用をするためにもバリフの服用方法を知ることは大事、また注意点を理解しておくと安心して飲むことができます。副作用は医薬品ですから隣り合わせではあるものの、併用禁忌薬なども含めて気をつけ正しく飲むことで、大きなトラブルに発展する事はありません。

バリフには即効性が!バリフがED治療薬でおすすめの理由

有効成分バルデナフィルは陰茎の血管を自然に拡げ、血液の巡りが良くなるため、即効性があり自然な形で勃起を促進させてくれます。即効性があるのはこうした働きに加えて、水にもとても溶けやすい有効成分だから、多数あるED治療薬ですがバリフは優秀な即効性に恵まれた医薬品です。レビトラジェネリックとなるED治療薬なので、先発医薬品よりもお値段が安いのもお財布に優しいポイント、コスパの良さも人気に拍車をかけています。

 

バリフには即効性がある

多数のED治療薬がある中でも、バリフの特徴は即効性があるという事です。すぐにでも効果を発揮してもらいたい人の要望に、バリフなら応えることができますが、理由はバルデナフィルの有効成分を含むためです。20mgという決して少ない数字ではないバルデナフィルの含有量は、レビトラに含まれる分量と変わりはありません。

 

コスパが良い

ED治療薬レビトラよりもリーズナブルな価格設定なのがバリフ、理由はジェネリック医薬品だからです。レビトラはバリフの先発医薬品であり、1錠で1,500円から1,700円と安くはありません。同じ有効成分なのに1錠がほんの270円から300円程度なのがバリフ、コスパの良さは歴然です。

 

食事の影響が少ない

完全にゼロではありませんが、バリフは比較的食事からの影響を受けにくいED治療薬です。食事による影響が少ない条件として、食事は標準的な内容であること、1回あたりの総合的なカロリーは700kcalが目安になります。また全体的な脂肪成分摂取が、30%ほどの割合というのも条件です。

バリフの用法用量

正しい服用方法を守ることも大切なこと、バリフの1回当たりの用量は10mgからスタートします。半分に錠剤をカットすると10㎎になりますが、手ごたえがイマイチに感じるなら用量を20mgにアップです。1回飲むと効果は4時間ほど持続、そのため性行為までの時間を考えて20分から1時間前に、水やぬるま湯で服用をします。

 

服用の方法

日に何度も口に入れることのないように、1日あたりでバリフを服用するのは1回です。性行為から時間を逆算して、およそ60分前を目安にして飲みます。服用時にはアルコールやカフェイン飲料などではなく、ピュアな水かぬるま湯と共に流しいれることです。コーヒーやビールに清涼飲料水など、混ざり物が含まれると有効成分を邪魔してしまいかねません。

 

推奨されている用量

バリフの働きを有効にするのはバルデナフィルという有効成分、そのため1回あたりに推奨をされる服用量は10mgです。錠剤を確認した際に気が付くことは、1錠あたりの有効成分含有量が20mgということ、本人に適した用量を使うことも大事ですから、ピルカッターを使うこともできます。肝臓障害を持つ人や高齢者は、開始する際には5㎎からが目安です。

 

バリフを服用するときの注意点

正しい服用方法を守ること、副作用を把握しておくことも大切です。またバリフを服用したら、自動車の運連をしないようにします。眠さや視覚障害、めまいなどの副作用で危険を伴うためです。フラノクマリン酸はグレープフルーツジュースに含有する成分、相互作用を招き副作用が強くなるため同時摂取は控えます。

 

副作用がある

優秀なED治療薬バリフにも副作用はあり、めまいや動悸に頭痛などはよくあること、目の充血に顔の火照った感覚、視覚障害や青っぽく見える症状が出ることもあります。しかしいずれも一時的なこと、軽度の症状であり正しい服用方法を守ることで、症状が出ても日常生活に支障をきたすほどの問題となることはまずありません。

 

バリフの併用禁忌薬

バリフには併用に適さない医薬品があるため、成分に注意をする必要があります。飲み薬をはじめ吸入剤に塗り薬に舌下錠と多数ある硝酸剤、いずれもバリフの併用禁忌です。ニトロール錠や亜硝酸アミルにニトログリセリン舌下錠、ニトログリセリン点滴静注やカリアントSRカプセルになども服用していると、併用は避けなければなりません。他にも血圧を下げる働きのある医薬品は、基本的にはバリフの併用禁忌薬になります。

 

服用NGの人

バリフの服用をするのを控えるべき人は、白血病や多発性骨髄腫に鎌状赤血球性貧血など、血液関連の疾患を患っている人です。ペイロニー病に陰茎の繊維化や屈曲といった、陰茎構造的に問題を抱えている人も飲むべきではありません。消化性潰瘍がある、出血性疾患のある人も、65歳以上の高齢者も服用には注意が必要です。肝臓疾患を持ち障害がある人もそう、中度レベルなら服用は避けるようにします。

 

バリフの副作用について

安全性が高いED治療薬ではあるものの、バリフにも考えられるいくつかの副作用があります。服用後に顔に熱を持ち火照ることもありますし、目が急に充血をした状態になることはよくあること、鼻の通りが悪くなって鼻詰まりを感じるのもしばしば出る症状です。いずれも軽い症状で、有効成分が体内で働き始めたサイン、ただお酒は避けたほうが良いのは、血管拡張作用がアルコールにもバリフの有効成分にもあるためであり、立ちくらみやめまいを起こしてしまいます。

 

バリフに良くある副作用

服用にあたり起こる可能性が高い副作用は、顔に感じるほのかな火照り、炎症を起こして我慢ならないほどではありません。だんだんと軽度の頭痛も感じることもしばしばあること、起き上がっていられないほどのガンガンした激痛ではないです。心臓を軽くノックするような動悸、また鼻詰まりを感じることもあります。

 

バリフに稀に起きる副作用

一時的に青視症を発症することがありますが、目に映るものが青みを帯びて見えます。他にも視野にぼんやりと霧がかかるように見えて、かすみ目になることも、また日光に目がさらされた際に不快感に陥る、羞明の症状も稀な副作用です。こちらも一時的にはなりますが、視力障碍を起こしたりすることがあり、PDE6阻害のより起こる副作用と考えられています。吐き気を感じたり下痢になったり、強い眠気に襲われる副作用も稀に起こり得ることです。

 

バリフを購入できる通販サイト

バリフはコンビニやドラッグストアで買うことはできませんが、バリフを取り扱う通販サイトを利用しての入手が可能です。いずれも医薬品商品数は多数、すでに多くの人が利用をしている信頼の通販サイトですから、安心してバリフの購入をする事ができます。まとめ買いをしてよりお得になるなど、通販利用は良いことが多いです。

 

AIDONE

売れ筋ランキングも随時更新しているのでリアルな人気商品もわかりやすい個人輸入代行通販サイト、ER治療薬バリフも取り扱いをしています。シンガポールやインドが発送国となり、実際にAIDONEを利用して商品購入をした人たちのカスタマーレビューも充実をしているので、購入前の参考材料とするにもピッタリです。

 

お悩み宅急便

レビトラのジェネリック医療品バリフの購入ならお悩み宅急便を選ぶことも、バリフ20mgセット内容として10錠、30錠、100錠と選ぶことができます。お悩み宅急便でバリフを買うのがお得なのは、割引価格が適用をされるため、加えてサイト独自のポイントまでゲットです。製造元はアジャンタファーマ、インドや香港にシンガポールから注文をしたバリフは発送をされます。

 

くすりエクスプレス

まとめ買いでバリフをよりリーズナブルな価格で購入できるチャンスのある、くすりエクスプレスを利用するのも賢い選択です。割引率の高さもさることながら、バリフを買えば買うこどくすりエクスプレスで使えるポイントもアップします。シンガポール や台湾からバリフは発送をされることになりますが、注文はネットで出来るので自分で難しい手続きをする事も一切ありません。

 

まとめ

水や白湯と共に服用をして即効性にも大満足なのがバリフ、後発医薬品でコスパも良いのに先発医薬品と変わらぬ仕事ぶりで応えてくれます。副作用を把握してくのも大事なこと、また注意点も確認して正しい服用をする事です。正しい服用を守ることで安心して利用ができますし、食事の影響もほとんど受けることがありません。

 

タイトルとURLをコピーしました