バリフを服用するときには食事に注意!食事の影響で副作用や効果が下がる可能性を解説

飲み方

ED治療薬レビトラのジェネリック医薬品となるバリフは、食事からの影響を受けることもあるため注意が必要です。どのタイミングで何を食べるべきなのか、またレビトラの服用は食事前が良いのか食後がベストなのか、基本的な部分を抑えておくようにします。誤った服用は副作用を促すことや、効果を減少させることもあるためです。

 

バリフを服用した時の食事の影響

比較的食事の影響は受けにくいとされているバリフですが、基本的に服用に適しているのは空腹時、そのためお腹を十分に満たした後での服用はあまり向きません。掘り下げてみると影響を受けにくいのは、脂肪分が30%以内であること、加えて総合カロリーが700kcalを上限にした食事であることです。もしも食事後にバリフを飲むなら、成分の吸収阻害を避けるためにも、ある程度の時間をおいてからの服用をします。

 

食後にバリフを服用しても効果は変わらない?

ある程度バリフの持つ成分の吸収が阻害されることになるのは、食後にバリフを服用するなら仕方のないことです。知っておくべきなのは食事をしてすぐのバリフの服用は、その分だけ効果も減弱するということ、飲食直後のバリフの服用はあまり向いているとは言えません。持ち前の効果を思う存分発揮させることを考えると、たらふく食べた後にすぐ飲むのは控えたほうが無難です。

 

標準的な食事でほとんど影響ない

1日のうちで最も豪華なメニューになるのはやはり夕食、油たっぷりでこってり系が登場することもあります。どのような食事内容かにもよりますが、服用をするなら2時間程度は時間を空けるのが理想的です。また食事内容に関しては度を過ぎるほどの高カロリー食、偏ったメニューではなく標準的な食事内容であれば、服用をするにしても大きくマイナスの影響をもたらすことにはなりません。

 

脂の多い食事は効果を弱める場合がある

油が滴る程のメニューは食欲を掻き立てて、目や舌にお腹まで存分に満たしてくれますが、脂っこ過ぎる食事は食べ物に含有する脂分が腸内で膜を張りやすくなります。すると膜に覆われてしまう事から、体内へ入った成分がきちんと吸収されなくなり、結果として効果が弱まってしまう可能性が高いです。脂質の多いメニューほど美味しいですが、その分腸には膜が張りやすくなってしまいます。

 

夕食後は可能な限り空けて服用する

バリフを必要するタイミングで多いのは、夕食後のお腹が満たされた時間です。しかし本来バリフはできるだけ胃の中には、何も入っていない時に飲むのがベスト、満腹時の服用はあまり向いていません。夕食を食べてから飲むのが絶対にNGではなく、大切なのは服用までの時間を考慮することです。もしも夕食を食べた後で服用をするなら、可能な限り時間を空けてから服用をするようにします。

 

バリフはアルコールにも影響ある?

ED治療薬バリフは体内に入ると血管が拡張をして、全身の血液の流れが活発化します。血行の良さは健康にもよさそうですが、アルコールの場合は急加速しやすく、安心という言葉から離れてしまうこともあるため要注意です。せっかくのバリフの吸収が、アルコールにより阻害されてしまう可能性があります。飲酒厳禁ではないものの、過剰なアルコール摂取でのバリフ服用は考えものです。

 

過度の飲酒は神経がマヒし勃起しなくなる可能性がある

大人に許された至福の時間が飲酒のひと時、ですがバリフを服用するなら過剰な飲酒は慎む必要があります。効果を十分に得られない可能性を高めてしまうためであり、脳の神経機能への影響があるからです。神経機能が下がるため脳からの、勃起を促進させる指令も伝達しにくくなります。神経がマヒした状態になれば、勃起しなくなることもあるため、飲酒はほどほどにすることです。

 

酔いが回りやすくなる

バリフの有効成分は血管を拡張させてそのまま維持をさせる働きがあり、アルコールにも同じような作用があるため、アルコールによる酔いのピッチは上がってします。

 

アルコールは副作用を増加させるので注意

ジェネリックED治療薬として寄り添ってくれるバリフは、アルコールにより様々な副作用の増加が考えられます。めまいや立ちくらみを起こしやすくなるのは血圧が低下をするため、肝臓に負担がかかることも否めません。ほてり感や軽度の頭痛、鼻づまりや動悸などもそうです。

 

血圧が低下する

飲酒をするなら上手に付き合う必要があるのもバリフ、医薬品としての働きとして血管を広げる作用があります。似た働きをするのがアルコールなので、Wの効果で血圧は低下してしまい、そのため招かれるのがたちくらみ、他にはめまいなどもそうです。

 

肝臓に負担がかかる

アルコールは体内に入ると肝臓で分解をされますが、医薬品バリフも服用をすると分解作業が行われるのは肝臓です。そのため過剰なアルコールの同時摂取をした場合、肝臓には片方だけではなくダブルでの大きな負担をかけることになります。

 

バリフのより高い効果を感じたい場合は空腹時の服用がおすすめ

飲食からの影響を受けにくいとされるバリフですが、有効成分を存分に発揮させるなら、服用をするベストタイミングは空腹時です。お腹の中に食べ物が満たされたときにバリフを飲むと、食べたことでの吸収阻害が起こるので、成分を十分に活かしきれません。ところがお腹の中が空っぽの時には、入ってきた成分をしっかり吸収するので、効果もその分だけ発揮されやすくなります。

 

バリフと相性の悪い食事もある

健康的な印象の強い柑橘系果実、グレープフルーツなどは新鮮そのものですが、実はバリフ服用時の食事のチョイスでは相性が悪いです。また脂肪分の多いメニュー、脂質たっぷりの食事もバリフを服用するなら避けるようにします。いずれも吸収を妨げるため、有効成分をしっかり活かしきれません。

 

グレープフルーツなどの柑橘類

フラノクマリン成分を含有するのがグレープフルーツなどの柑橘類、大変清々しい香りでジューシーですが、バリフとの食事の相性としては良いものではありません。医薬品成分が体内へ入っても、柑橘類特有のフラノクマリン成分が活躍をして、体内酵素の活動を低下させてしまうためです。

 

脂質の多い食事 

油分脂肪分の多い食事は膜を腸に張るので、有効成分吸収を阻害します。脂質が多くなるほどその傾向があるため、控えるに越したことはありません。

 

バリフが個人輸入できるおすすめサイト3選!

バリフの入手なら、おすすめの個人輸入できるサイトを比較の上利用をしてみることです。いずれも取り扱い医薬品数の数は大変豊富、当然ながらバリフも充実の商品ストックがあるので、欲しい時にすぐに注文をする事ができます。正規品保証をされていること、また利用者への手厚いサポートなど、いずれの通販サイトも甲乙つけがたいです。

 

AIDONE

医薬品の通販・個人輸入代行のエイドワンの商品は、いずれも正規品であり保証をされています。第三者機関を利用しての有効成分鑑定を怠らない安全面への配慮もあり、コールセンターも開設していることから、直接スタッフによる対応を受けられるのも信頼できる点です。注文は通販ならでは、24時間いつでもネットからできるため、ショップ側の営業時間に振り回されず自分の都合で好きな時に注文をする事ができます。

お悩み宅急便

海外医薬品取扱個人輸入代行お悩み宅急便は、豊富な医薬品を揃えている通販サイトです。ジェネリック医薬品や希少価値の高い入手が難しいお薬も多数取り扱いがあり、全商品メーカー正規品であることは100%保証をされています。クレジット決済だけではなく、コンビニや銀行などでの支払いにも対応可能です。外観からは中身は外からわからぬように梱包してあるので内容を悟られる心配も無く、入金確認の発送手続き後にはメールで、追跡番号の連絡もしてくれます。

 

くすりエクスプレス

開店は2010年の老舗医薬品個人輸入代行ショップですから、これまでの実績は豊富、長く続いていることは信頼を得ている証です。個人輸入代行サービスとしても業界最大級、取り扱うジェネリックや各種医薬品にサプリメント数は、2,000種類以上を軽く超えています。豊富な品揃えと共に正規品保証もあり、全国どこでも送料は無料です。キャンペーンやセールも充実をしていますし、カスタマーサポートがあるのも安心できます。

 

まとめ

決して食べてはいけないというメニューが定められているわけではありませんが、バリフは少なからず食事からの影響を受けることがあります。何を食べるのが良く避けるべきかを理解することと、いつ服用をするべきかを考えて取り入れることです。医薬品となるため副作用も隣り合わせ、飲食の影響で副作用が助長をされるようなことがあってはいけません。しかし適切なタイミングと食事のチョイスで、バリフは十分な効果を発揮してくれる優秀なED治療薬です。

タイトルとURLをコピーしました