バリフを服用するときはお酒の飲みすぎに注意!飲酒の影響で副作用や効果が下がる可能性を解説

副作用

バリフは海外製ED治療薬の一つであり、三大ED治療薬として知られる「レトビラ」とほぼ同じ有効成分をしています。効き目が早く現れるとして人気のバリフ。服用する際にはいくつか注意点があり、その中でもアルコールを摂取した直後に服用しても大丈夫なのか、気になる人が多いようです。この記事では、バリフを服用するときの食事の注意点、副作用や効果が下がる可能性について解説していきます。

バリフはアルコールに影響がある?

薬を服用する前にはアルコールを控えたほうが良いとされています。しかし、バリフを服用する前後でアルコールを摂取することは特に問題がないとされ、むしろ適量の飲酒をしていたほうが効果を高めてくれるようです。しかし、過度な飲酒をしてもいいというわけではありません。アルコールを飲むことによってデメリットも発生します。では、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

過度の飲酒は神経が麻痺し勃起しなくなる可能性がある

過度の飲酒でうまく性行為ができなかった経験がある男性もいるのではないでしょうか。これは、アルコールに含まれる「性的興奮」を抑制する作用が原因です。大脳から分泌される成分によって勃起を維持する能力が低下していると考えられます。適度な飲酒は、アルコールのリラックス成分でバリフの効果を高めてくれますが、飲みすぎには注意が必要です。

 

酔いが回りやすくなる

バリフには有効成分であるバルデナフィルが含まれており、血管を拡張させる作用があります。これによってアルコールの回りが早くなり、性行為ができないほど泥酔してしまう可能性もあります。特にアルコールが弱い人はこの作用が強く出るので注意が必要です。急性アルコール中毒につながる危険性もあるため、適度な飲酒を心がけることが大切です。

 

お酒を飲むとバリフの副作用を増加させるので注意

ED治療薬は血管拡張作用によって勃起を促進させる薬です。そのため、ほてり・目の充血・頭痛・動悸などいくつかの副作用があります。バリフは他のED治療薬と比べ副作用が軽いとされ、それも人気の理由につながっています。そんなバリフでも、アルコールによって副作用を増加させるので注意が必要です。では、具体的にどのような副作用を増加させるのか見ていきましょう。

 

血圧が低下する

アルコールを摂取したことによって、バリフの成分に含まれる血管拡張作用との相乗効果で、めまいや立ち眩みなどが起こりやすくなる可能性があります。特に、硝酸薬や抗不整脈薬、肺動脈高血圧症薬のような血圧に関係する薬を服用している方は、併用禁止となっています。何か薬の服用がある場合には、アルコールの摂取に関わらずバリフを服用しても危険がないかあらかじめ確認することが大切です。

 

臓器に負担がかかる

バリフのようなED治療薬は血管拡張作用によって勃起を促し、その作用は陰茎の血管のみではなく他の臓器にも影響をあたえます。特に肝臓や消化器官に作用しやすく、肝臓では肝機能検査異常・γGDP上昇、消化器官では消化不良・腹痛・下痢・胃炎などが起こる可能性があります。アルコールに耐性がない方は特に注意が必要です。

 

吐き気や頭痛が起きる場合も

アルコールとバリフの血管拡張作用の相乗効果によって、頭痛が引きおこされる可能性があります。過度な飲酒はそれだけで頭痛の要因になるため、バリフの効果はそれを促進させます。また、消化器官などの臓器に負担がかかることで吐き気を感じることもあるようです。飲酒した時点でそういった症状が出ている場合にはバリフの服用を控えたほうが良いでしょう。

 

バリフは食事の影響も受けやすい

薬を服用する際には、食前・食後のように服用タイミングが決まっている場合があります。バリフは食事の有無に関わらず性行為の約1時間前に服用することで高い効果が出るようです。しかし、そんなバリフでも相性の悪い食べ物があり、それによって効果を感じにくくなる可能性もあります。どのような食事がバリフの作用に影響を与えるのか事前に確認することで、より高い効果を狙いましょう。

 

バリフと相性の悪い食事

バリフの効果をより強く実感するために、バリフと相性の悪い食べ物を摂取した後の服用は避けましょう。せっかく服用しても、いざ性行為の場面になった時効果を感じないとがっかりしてしまいますよね。では、バリフの効果を下げる、相性の悪い食べ物には具体的にどのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

グレープフルーツなどの柑橘系

グレープフルーツなどの柑橘系の果物には、服用した薬を分解する体内酵素の働きを弱める成分が含まれています。それが血管拡張作用を抑制することにつながるため、バリフなどのED治療薬を服用する際には、柑橘系の果物の摂取を控えることがおすすめです。特にグレープフルーツに含まれる成分は24時間以上作用するといわれています。グレープフルーツの摂取とバリフの服用は2日以上時間を空けたほうが良いでしょう。

 

脂質の高い食事

バリフの服用前に食事を済ませる際には、特に脂質の高い食事は控えましょう。バリフ以外のどのED治療薬にも共通することですが、脂質の高い食事とは相性が悪く、体内で合流することで効果がてきめんに下がるとされています。服用前はファストフードなどの脂質の高い食事はとらず、むしろ空腹状態のほうが効果を期待できるでしょう。

 

バリフをより効果的に飲みたいならお酒は控えよう

バリフを服用する際の注意点をいくつか挙げてきましたが、やはりアルコールの摂取がバリフの効果を最も下げてしまうようですね。効果を下げるだけではなく、その他の健康状態にも影響を与えることが考えられます。バリフをより効果的に活用し、パートナーと充実した性生活を送るために、飲酒やアルコールが含まれる食べ物の摂取は極力控えるようにしましょう。

バリフが個人輸入できるおすすめサイト3選!

バリフはED治療を専門に行うクリニックで処方されている薬ですが、通販で手軽に購入することも可能です。しかし、価格が安く手に入れやすいことから、偽物を購入してしまったという人も多いようです。できるだけ信頼度の高い通販サイトでバリフを購入しましょう。次の3つは利用者が多く安心して購入できたという声が多いサイトになっているためおすすめです。

 

AIDONE

AIDONEは海外医薬品・サプリメントの個人輸入通販サイトです。有効成分は第三者機関による鑑定を行っているため、100%正規品保証されています。また、ネット注文は24時間対応し発送も日本全国に行っています。何か困ったことがあった際には、専用コールセンターへの問い合わせが可能です。このように安心・安全・信頼が補償されているため多くの支持を得ている通販サイトです。

お悩み宅急便

お悩み宅急便では「悩みを抱えるすべての方に世界中の高品質な薬を安い価格で提供する」をモットーに様々な医薬品を取り揃えています。パートナー企業とともに正規品であることのチェックを行い、医薬品メーカーの規模や主成分などの規定値を設け、確認した医薬品のみを提供しているようです。また、サイト利用時の個人情報の管理も徹底され、配送の際は郵便追跡番号の発行で確実に手元に届きます。

 

くすりエクスプレス

くすりエクスプレスは個人輸入代行の中で人気を集め、低価格で本物のみを取り扱うサイトとして支持を集めています。サイト内には口コミの記載もあり、SNS上でもこのサイトから購入したという声を多く見かける信頼度の高い通販サイトです。ED治療薬以外にも多数の医薬品を取り扱っているため、「悩んでいるけど、病院に行きづらい…。」という方はぜひ一度チェックしてみましょう。

まとめ

国内で人気を高めるED治療薬バリフを服用する際の注意点、特に食事・飲酒にスポットをあててご紹介しました。ED治療に関してはなかなか周りに相談しづらく、一人で抱え込みがちかと思います。今回ご紹介したことに注意しながら、今後パートナーとの性生活に生かしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました