バリフを飲むと頭痛が起きるてホント?気になる副作用について解説

副作用

レビトラのジェネリック医薬品として海外で製造されているバリフは、即効性に優れた点が特長のED治療薬です。バリフもレビトラと同じ有効成分が配合されているだけに、副作用として頭痛が発生する可能性があります。バリフの服用に不安を感じている人に向けて、頭痛が生じた場合の対処方法と予防策に関する情報をまとめてみました。

バリフの主な副作用に頭痛がある

ED治療薬には勃起不全の症状改善に優れた効果を発揮する有効成分が配合されていますが、医薬品にはどうしても副作用が付きものです。比較的安価に購入できるED治療薬として人気のバリフにも、副作用が発生した事例がいくつか報告されています。顔の火照りや胸焼けなどの症状が出る可能性もありますが、最も代表的な副作用は頭痛の症状です。実際にバリフを服用した人のうち、全体のおよそ10%に当たる人が頭痛の症状を訴えています。

バリフを飲んで頭痛が起こる原因

バリフに配合されているバルデナフィルという有効成分は、血管を拡張させる作用を持つ物質です。バルデナフィルのおかげで勃起持続の効果が得られる反面、脳の血管までが拡張されて頭痛につながる可能性もあります。

偏頭痛の発作や飲酒・風邪の症状などで頭痛が生じるのも、脳の血管が膨張して周辺の神経が圧迫された結果です。この他にバリフの有効成分による副作用で陰茎海綿体以外の平滑筋も弛緩され、胃酸が逆流傾向となって胸焼けの症状が出ることもあり得ます。

頭痛が起きたときの対処法

バリフの副作用で生じる頭痛は脳の血管拡張による周辺神経の炎症が原因だけに、抗炎症成分を含む市販の頭痛薬の服用が効果的です。頭痛薬に含まれる有効成分が炎症を抑えてくれるため、頭痛の症状だけを軽減させることも可能になってきます。

市販の頭痛薬を服用すると胃が荒れやすくなりますので、胃薬と合わせて服用するのがポイントです。頭痛薬を飲んでも症状がなかなか解消しない場合は無理をせず、頭を冷やしながら休むことをおすすめします。

バリフの副作用を予防するための方法

バリフを服用しても必ず頭痛が起きるとは限りませんが、万が一に備えて予防策を講じておくことも大切です。頭痛の副作用は、バリフに含まれる有効成分が陰茎以外の部分に働くことで生じます。これを防ぐには用法・用量・使用期限を守るとともに、初めて服用する際に半錠で様子を見るのも有効な予防方法です。それぞれの予防策について詳しく解説していきます。

用法・用量を守る

バリフに限った話ではありませんが、説明書に記載されている用法や用量を守って薬を服用するのは基本中の基本です。バリフの場合は1回分の用量として20mg1錠を服用し、1日の服用回数も1回までと記載されています。

効果を高める目的でこの用量や用法を超えた服用をするのは、副作用のリスクが高くなるのでおすすめできません。用量・用法を守って服用していれば副作用が起きなかった人でも、原因物質の過剰摂取で頭痛が生じることもあり得るからです。

使用期限が切れたものを使用しない

ED治療薬を購入してもなかなか使う機会がなく、いつの間にか使用期限が切れてしまったということもよくある話です。もったいないと思って期限切れの薬を服用する人もいますが、使用期限が切れた薬を飲むのはおすすめできません。

使用期限が切れた医薬品は配合されている有効成分が分解され、薬としての効き目が薄れてしまいます。成分が分解されることで想定外の副作用が生じる危険性もありますので、期限が切れた薬は廃棄して新品と交換するのが無難です。

 

初めて服用する場合は半錠にして様子を見る

バリフを服用した人の約10%で頭痛が生じるのは、有効成分の作用を陰茎だけに限定できないのが一因です。摂取される有効成分の量を減らせば脳の血管に対する副作用も弱くなり、頭痛が生じる確率もそれだけ下がります。

バリフを初めて服用する際にはとりあえず半分に割ったものを飲んでみて、体調に変化がないかどうか様子を見るのも頭痛を予防する対策の1つです。勃起不全を改善させる効果は、半錠でも十分な効果が得られる場合があります。

 

バリフが買えるおすすめ通販サイト

バリフは海外の製薬会社が製造・販売しているジェネリック医薬品で、日本では未承認のためドラッグストアや薬局では売られていません。Amazonや楽天市場のような大手通販サイトでも取り扱っていない状況で、購入できるサイトは決して多くありません。医薬品の個人輸入を代行している通販サイトならバリフも入手可能ですので、おすすめのサイトを3つ選んで紹介します。

 

AIDONE


海外医薬品やサプリメントを扱うAIDONE(エイドワン)は、AGA治療薬から睡眠薬に至るまでの幅広い品揃えを誇る個人輸入代行販売サイトです。バイアグラやレビトラといったED治療薬の品揃えも豊富な中で、バリフはこのカテゴリーで一番人気となっています。

1箱5,000円前後するバイアグラやレビトラなどの既存薬と比べ、ジェネリック医薬品のバリフは10錠入り1箱で2,000円を切るリーズナブルな価格から購入できる点が人気の一因です。支払い方法は銀行振込とコンビニ決済に加え、JCBのクレジットカードを使った決済も可能となっています。

 

お悩み宅急便

海外のジェネリック医薬品を多く扱うお悩み宅急便も、コンプレックスの解消に役立つ商品の品揃えが豊富な個人輸入代行サイトの1つです、ED治療薬はお悩み宅急便でも人気ジャンルとなっていて、バリフは男性に人気の商品総合ランキングで上位にランクされています。

同じ有効成分が配合されたED治療薬レビトラと比べ、バリフはおよそ5分の1という低価格で購入が可能です。支払い方法にはAIDONEと同様に、銀行振込とコンビニ決済・JCBのクレジットカード決済が用意されています。

 

オオサカ堂

個人輸入代行サイトの中でもオオサカ堂は運営歴が長いだけに、名前を聞いたことがあるという人も少なくないはずです。ED治療薬のバリフはシンガポール発送の国際書留郵便を通じて届く仕組みで、10錠・20錠・30錠の3種類が販売されています。

単品での価格はAIDONEやお悩み宅急便より高めですが、注文の個数が増えるごとに割引額が増えるお得な割引制度が利用可能です。オオサカ堂の通販サイトはカスタマーレビューが豊富ですので、薬の評判を調べた上で購入できるという安心感があります。

まとめ

ED治療薬のバリフを服用した人の約10%で頭痛の副作用が生じるのは、脳の血管拡張による神経の圧迫が原因でした。神経に炎症が生じることで痛みにつながるため、市販の頭痛薬を服用するのが効果的な対処方法です。

効果倍増を狙って過剰摂取すると副作用も起きやすくなりますので、予防のためには用法や用量を守ることも大切になってきます。バリフを初めて服用する際には半分に割って服用し、様子を見るのも効果的な予防策の1つです。

 

タイトルとURLをコピーしました