バリフゼリーとは?錠剤バリフとの違いや服用方法をご紹介

情報・豆知識

バリフゼリーはゼリータイプで飲みやすいことが特徴で、価格も安く手軽に服用することができ、効き目が早く現れることでも人気のED治療薬です。成分はバリフと同じなので、錠剤が苦手な方や水がない時にもおすすめの医療品となっています。

この記事ではバリフゼリーの利点や、バリフ(錠剤)との違いを比べながらご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

バリフゼリーとは?

錠剤タイプのバリフが有名ですが、バリフには飲みやすいゼリータイプの「バリフゼリー」という商品もあります。

製造元はインドのアジャンタファーマ社で、1箱に7包入り、7種類の味付きゼリータイプ。1包ずつ小分けになっているので、持ち運びのしやすさや飲みやすさが人気の商品です。

1包に10mgの有効成分(バルデナフィル)が含まれており、1日1回まで使用することができます。

服用方法は、1日1包を性行為の約30分前に服用してください。また、24時間以上の間隔をあけて服用してください。

バリフは他のED治療薬よりも食事の影響を受にくいとされていますが、最大限の効果を得る為には空腹時に服用すると、より効果を実感できるでしょう。

 

バリフ(錠剤)との違い

成分は日本でも認可されている「レビトラ」と同じバルデナフィルが使われており、錠剤のバリフと同じです。

価格はバリフゼリーの方が少し割高となっています。持ち運びやすさや飲みやすさなど、自分が使いやすい方を使用するとよいでしょう。

作用も同じものが期待できますが、ゼリータイプのため錠剤よりも吸収が早く、即効性を体感できるという声もあります。

 

バリフゼリーの利点

バリフゼリーには、いくつかの利点があります。

 

  • 錠剤タイプよりも早い効果発現が見込める
  • 飲みたいタイミングで服用できる
  • 錠剤が苦手な方でも飲みやすい
  • ジェネリック品なので手頃に購入できる

 

それぞれご紹介します。

 

錠剤タイプよりも早い効果発現が見込める

錠剤は溶けるまでに時間がかかりますが、ゼリータイプは錠剤よりも吸収が早いので、即効性を体感できます。

有効成分のバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っているので、すみやかに効果が期待できるでしょう。服用後30分ほどで効果が現れ始めます。

 

飲みたいタイミングで服用できる

ゼリータイプなら水が用意できなくても、飲みたいタイミングでいつどこでも服用することができます。

ED治療で悩んでいる方には、薬を飲んでいると知られたくないと思っている方もいるのではないでしょうか。そんな方でも、サッと服用できるのがバリフゼリーの利点です。

 

錠剤が苦手な方でも飲みやすい

大人でも、錠剤の薬を飲むのが苦手という方は案外多いものです。

そんな方でも、ゼリータイプなら流動性が高くスムーズに服用できるのが嬉しいポイントです。

薬を楽に服用するためのゼリーも販売されていますが、錠剤と混ぜたり、準備をするのに手間取ってしまいます。バリフゼリーなら、いつどこでも水なしでつるんと飲むことができるので、錠剤が苦手な方には特におすすめです。

 

ジェネリック品なので手頃に購入できる

バリフゼリーはジェネリック品なので、同じ成分の「レビトラ」の約1/4程の値段で購入できます。ジェネリック品と言っても、使われているのは「レビトラ」と同じ成分のバルデナフィル。しっかりと効果が期待できます。

経済的にも優しく、使いやすさが人気の医療品です。ED治療で悩んでいる方は、気軽に試してみてください。

 

バリフゼリーを服用する際の注意点

バリフゼリーを服用する際には、いくつかの注意点があります。

 

  • 低血圧、重度の肝機能障害のある方は使えない
  • 副作用が出ることがある
  • 併用注意の薬がある

 

バリフゼリーは、通販で輸入することは法律で認められていますが、国内では未承認薬であるため、副作用が出ても自己責任となってしまいます。服用する際は、注意点をしっかりと把握してから服用しましょう。

それでは、それぞれの注意点を詳しく解説していきます。

 

低血圧、重度の肝機能障害のある方は使えない

重度の肝機能障害のある方、低血圧の方、治療による管理がなされていない高血圧の方は、バリフゼリーを使用できません。

バリフゼリーの有効成分は肝臓で分解されるので、重度の肝機能障害があるとうまく分解することができずに副作用が出やすくなってしまうのです。肝臓にも過度な負担がかかるので危険です。低血圧、高血圧の方も、安全性が確立されていないので使用は控えてください。

また、心血管系障害(心臓または血管に生じる病気)があり、性行為が不適当と考えられる方も使用は控えましょう。

服用の際に少しでも不安のある方は、必ず医師に相談しましょう。

 

副作用が出ることがある

バリフゼリーを服用すると、まれに副作用が出ることがあります。

副作用の内容は、1%以上の確率があるものとして

 

  • ほてり
  • 目の充血
  • 頭痛
  • めまい
  • 鼻詰まり
  • 消化不良

 

などが挙げられます。

それ以下の確率としては、

 

  • 動悸
  • 呼吸困難
  • 吐き気
  • 視覚異常
  • 関節痛
  • 失神
  • 目の奥の痛みや、ものが青く見える(青視症)

 

なども挙げられます。確率としては少なく、いずれの副作用も軽度である場合が多いですが、こういった副作用があることも頭に入れておきましょう。

 

併用注意の薬がある

バリフゼリーには、併用すると重篤な副作用を起こす可能性がある薬もあります。

 

  • 他のED治療薬
  • 硝酸薬や抗不整脈薬
  • 肺動脈高血圧症薬、抗HIV薬
  • 抗真菌薬

 

上記の薬はバリフゼリーとの相性が悪く、併用すると不具合が出る可能性があります。また、他のED治療薬と併用するのも絶対にやめましょう。

薬の作用が強く出過ぎたり、重篤な副作用につながる恐れがあります。

 

グレープフルーツ(ジュースやジャムなどの加工品も含む)と降圧剤は、さらに注意が必要です。グレープフルーツと併用すると薬の分解に遅れが生じて効果や副作用が強く出てしまう可能性があったり、降圧剤は一時的な立ちくらみ・ふらつきなど低血圧の症状が起こる可能性があります。

 

バリフゼリーが買えるおすすめの通販サイト

バリフゼリーは国内では取扱いがありませんが、海外輸入代行サイトで購入することができます。

しかし、ネットショップでは偽物も多いので注意が必要です。

ここでは、安心してバリフゼリーが購入できるおすすめの通販サイトをご紹介します。

 

お悩み宅急便

お悩み宅急便は、国内では手に入らない希少価値のあるお薬やジェネリック医薬品を取り揃えた通販サイトです。入金確認後、即日発送の手続きをしてくれるのも嬉しいポイントです。

バリフゼリーは2,690円から販売されており、1包384円とお試ししやすい価格。しかし、現在は在庫がなく、次回入荷時期未定の状態です。

メーカー正規品100%保証に加え、第三者機関による成分鑑賞書もついているので、安心して購入することができるでしょう。

 

AIDONE

AIDONEは、バリフゼリー意外にも男性用の薬が豊富にそろっています。

バリフゼリーは、2,690円から購入することができますが、現在は在庫がない状態です。

エイドワンの商品は100%正規品保証されており、何か困った時にはコールセンターもあるのでスタッフが直接対応してくれます。

日本全国どこでも配送可能で、郵便局留めなどにも対応、プライバシーをしっかり守った梱包で発送してくれるので、品質の面でもプライバシーの面でも安心してご注文することができるでしょう。

 

まとめ

今回はバリフゼリーについてご紹介しました。錠剤のバリフ以上に飲みやすく持ち運びもしやすいという点から、いざという時にさらに役立ってくれそうです。

しかし、副作用があることや、併用注意の薬があることもしっかりと頭に入れておきましょう。用法用量を守って、正しく使用してください。

 

タイトルとURLをコピーしました