バリフとグレープフルーツの併用に注意!服用前に知っておこう

副作用

バリフを利用するときには、一緒に摂取すると危険なものがあります。その代表が、果物のグレープフルーツです。グレープフルーツは健康的な食べ物ですが、バリフと併用してしまうと強い副作用が出たり、血中濃度が濃くなりすぎて心臓に負担が発生する危険性もあります。

この記事では、グレープフルーツの危険性や、その他のバリフと併用注意のものをご紹介します。バリフは人気のED治療薬ですが、しっかりと服用のルールを守って正しく使用しましょう。

 

バリフ服用時にはグレープフルーツに注意!

バリフは危険性がなく安全が確認されている医療品です。しかし、グレープフルーツと併用してしまうとバリフの作用を大幅に強くしてコントロールできなくなる危険性があります。

バリフを服用するときには、グレープフルーツは併用しないように必ず注意しましょう。

また、グレープフルーツは、生の状態だけではなく加工品にまで気を配る必要があります。

グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分が作用を増強させすぎてしまうので、グレープフルーツジュースや、皮が含まれるマーマレードジャムにも注意が必要です。

 

作用増強するわけではない

バリフとグレープフルーツを併用すると、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分によって、バリフの作用が著しく増強されてしまいます。一見、作用が増強するなら

メリットになるのでは?と思ってしまう方もいるかもしれませんが、作用がいい方向に増強するわけではありません。

作用が増強するとは強く長く効くということではなく、作用の半減期が長くなり、薬の成分が吸収されすぎることによって体への負担も大きくなり、副作用が強く出るということです。血中濃度が濃くなりすぎて心臓に負担が生じる危険性も発生したりなど、決して作用が高くなるわけではありません。絶対に併用は避けてください。

 

加工品にも注意

薬との併用でデメリットをもたらすフラノクマリンは加工した状態でも含まれるので、生のグレープフルーツだけではなく、加工品にも注意が必要です。

例えば、グレープフルーツのジャムやジュースでもバリフに影響をもたらすのに十分なフラノクマリンが含まれています。

生の状態だけを避ければいいと思っていては不十分です。加工品のことも頭に入れておきましょう。

 

グレープフルーツに含まれるフラノクマリンとは?

どうしてグレープフルーツがバリフに大きく関わってきてしまうかと言うと、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンが分解酵素の働きをブロックしてしまうからです。

バリフは胃で多少分解された後に、腸に移動して吸収されます。この分解されてしまう分を考慮して、バリフの成分量は計算されています。ですから、分解酵素が働かないとバリフの成分が過剰に吸収されてしまうことになります。しかも、一度機能を止めた酵素が新しいものに変わるのには1日はかかると言われているので、同時摂取だけではなく、前後も気を付けなくてはなりません。

 

フラノクマリンは何に含まれている?

グレープフルーツに含まれているフラノクマリンですが、実は他にも含んでいる食べ物があります。厄介な成分なので面倒に思うかもしれませんが、せっかくのバリフの威力を最大限に引き出すためにも、頭に入れておく必要があります。

イメージしやすいのが、グレープフルーツと同じ柑橘類です。柑橘類にはフラノクマリンを含んでいるものが多くあるので注意しましょう。

 

柑橘類

よく口にする柑橘類では夏ミカンやオレンジ、ブンタン、ハッサクなどがあります。

ミカンやオレンジはジャムもありますし、スイーツで果肉や果汁が使われることも多いです。さらに、ライムもフラノクマリンを多く含んでいます。ライムは料理に果汁をかけたり、ライムサワーのようにアルコールに使うこともあり注意が必要です。他にも、スウィーティーやダイダイなども避けた方が良いでしょう。

 

柑橘系以外の食品

柑橘類以外でも、フラノクマリンが含まれるものはあります。

主にパセリ・セロリ・ミツバ・イチジク・ざくろに多く含まれ、外と身近なものばかりです。パセリなどは少量振りかける程度なら大丈夫ですが、イチジクやザクロは1つ食べてしまえば、かなりの量になります。また、ジャムやスイーツなどに使われることも多いです。知らぬ間に一緒に摂取しないように気をつけましょう。

 

相互作用が少ない柑橘類

柑橘類でも、フラノクマリンが少ない種類もあります。どうしても食べたいときには、時間に余裕を持って少量を食べるようにするとよいでしょう。

フラノクマリンが少ない柑橘類は温州みかん・カボス・ネーブル・日向夏・レモン・ゆずなどです。料理にもお酒でも使う柑橘類ですから、うまくバリフに影響がないフルーツを選んで楽しみましょう。

 

バリフと併用注意のものをご紹介

バリフと一緒に摂取するのが好ましくないものは、柑橘類以外にもあります。

体の不調にもつながるので、しっかりと把握して安全に服用できるようにしましょう。

併用注意の薬もあるので、薬を使っている方はよく確認し、特に注意してください。

 

過度のアルコール摂取

アルコールとバリフには相互関係はないので、たしなむ程度の飲酒は問題ありません。少量ならお酒を飲んでからバリフを使っても、バリフを使ってからお酒が飲んでも大丈夫ですが、多量のアルコールとなると、バリフの血管を広げる作用によって酔いが通常よりも早く回ってしまいます。体調不良にもつながるので、過度のアルコール摂取は避けましょう。

 

カフェイン

コーヒーなどのカフェインを含む飲食を大量に摂るのもおすすめできません。

カフェインには胃酸の分泌を促進する作用があるため、胃にとっては負担があります。そこにバリフも服用すると胃への負担が大きくなり、胃痛を引き起こす要因となってしまいます。カフェインも少量なら問題ありませんが、過度な摂取は体の不調につながるので注意しましょう。

 

硝酸剤及びNO供与剤

硝酸剤及びNO供与剤を服用している場合は、バリフに成分によって血圧を必要以上に下げてしまう可能性があります。すると低血圧状態になり意識がもうろうとしたり、強いだるさや眠気が出ます。血圧が下がってしまうと、動くこと自体にも支障が出てしまいます。

 

アミオダロン塩酸塩

アミオダロン塩酸塩もバリフと併用すると、過度な血圧降下を起こしてしまうので、避けなくてはなりません。アミオダロン塩酸塩は意外と含んでいる薬が多いので、もし薬を飲んでいるようなら、細かく含まれている成分をチェックすることが必須です。

主に不整脈に対して使われる薬に多く含まれています。また、薬のほか注射でも使われることがあります。

 

CYP3A4阻害薬

CYP3A4とは、人間にもともとある分解酵素の1つで、胃で体内に入ってきたものを分解する役割をします。これが機能しなくなると、薬の成分が分解されずにダイレクトに腸に移り吸収されてしまいます。

そんなCYP3A4の働きをブロックしてしまうのがCYP3A4阻害薬です。この薬を服用していると、バリフが分解されず腸で吸収されてしまい、強い副作用につながる危険性が高くなります。

 

降圧剤

血圧が高めの方で降圧剤を服用している方も、バリフはリスクが高いです。

バリフの作用の1つに血管を広げて血行を良くすることがありますが、血行が良くなると血圧は低くなります。ここに降圧剤が加われば、必要以上に血圧が下がってしまいます。すると低血圧状態に陥って意識がもうろうとしたり、通常の生活だけでも支障が出てきてしまうのです。

 

心配な方は医師に相談を

バリフは正しく使えば問題がない安全な薬ですが、注意が必要な食べ物や薬も多くあります。特に薬の成分は専門的で判断が難しいので、迷ったり判断できないときには、医師に相談するのが賢明な策です。

薬の併用に不安のある方は、現在服用している薬を処方してもらっているクリニックで聞いてみるのが1番です。専門知識のある医師に相談し、安全にバリフを使用しましょう。 

 

バリフが買えるおすすめの通販サイト

バリフは日本国内では購入できないので、購入するには通販サイトを使用しましょう。

処方箋もいらないので、クリニックに行く手間や時間、費用もかからずに、効率的に購入することができます。

バリフを購入するには個人輸入の通販サイトを使うことになりますが、輸入の専門的な部分を代行してくれる業者を利用すれば、面倒もなくスムーズに購入できるでしょう。

ここでは、バリフが買えるおすすめの通販サイトをご紹介します。

 

AIDONE

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

AIDONE(エイドワン)は海外医療品の個人輸入を代行してくれる業者です。海外といってもホームページはすべて日本語で、ネットショッピングと同じ利用方法なので簡単に購入することができます。

ED治療薬も豊富に取り揃えており、値段もリーズナブルです。海外から輸入してくるので取り寄せまでは時間がかかりますが、トラブルもなく手元に届きます。100%正規品保証で、コールセンターもあるので安心の体制が整っています。

 

まとめ

バリフは作用を増強させてしまう食べ物や飲み物、薬があります。

基本的には健康な人ならばそこまで気にしなくても大丈夫ですが、身近な飲食物も多いのでうっかりしてしまう可能性もあります。間違ってしまうと健康に大きな負担が出てきますので、しっかりと確認して対応しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました