バリフ服用時にはコーヒーに注意!?正しく服用しよう

副作用

コーヒーは息抜きに好む人も多いでしょう。しかし、バリフを服用するときにはコーヒーは要注意です。飲み方次第ではせっかくのバリフのパワーを損ねてしまう可能性があります。

この記事では、バリフとコーヒーを併用するとどういった影響があるのか、またコーヒー以外にも気を付けたいものをピックアップしました。

注意点をしっかりと頭に入れておくと、いざというときにしっかりと効果を感じられますし、体調への悪影響もなく安心です。それでは見ていきましょう。

 

バリフとコーヒーを併用するとどうなる?

バリフは注意事項も少ないですし、取り扱いが難しいことはありません。

しかし、コーヒーは少しだけ注意が必要です。コーヒーには多くのカフェインが含まれており、カフェインはもともと胃に負担をかけるので、空腹時などに大量にブラックで飲むと胃痛や胃の荒れを引き起こしてしまいます。

バリフも胃の負担に多少はなりますから、カフェインとバリフの2重で負担になると、胃が痛い、キリキリするなどの胃腸障害の可能性がアップしてしまうのです。

さらにカフェインで胃液の分泌が促進されると、バリフの有効成分が吸収されにくくなり、効果が出にくくなる弊害も考えられます。

少量であれば気にしすぎることはありませんが、避けておくのが無難でしょう。

バリフには副作用がある

バリフには副作用もあります。正しく服用すれば多くは副作用は出ないことが多く、出たとしても軽度で終わりますが、ゼロということではありません。

主な副作用は血管が広がり血流が良くなることによる、

 

  • 血圧低下
  • のぼせ
  • 動機
  • 頭痛
  • 目の充血

 

以上の副作用が多く見られるようです。

カフェインが多いコーヒーと一緒に摂取すると、この副作用がさらに大きく出てしまいます。カフェインも血管を広げる作用がありますので、一気に血管が広がり、血流が良くなりすぎてしまうのです。その変化に体がついていかずに、さまざまな不快感が出てしまいます。

 

バリフ服用時は身近なものにも注意

普段、口にする事が多いコーヒーでも注意が必要ですが、バリフ服用時にはほかにも気を付けたいものがあります。

コーヒーと同じように身近な食品や薬がリスクを増やす原因になることもあるので、事前に把握して気を付けることが重要です。知っていれば回避できますから、バリフを利用する前には必ずチェックしておきましょう。

 

カフェイン

上記で紹介したように、コーヒーのカフェインはおすすめできません。カフェインを含む他の飲料も注意が必要です。コーヒーの他にカフェインが多いのは

 

  • 紅茶
  • 玉露(濃い緑茶も)
  • エナジードリンク
  • 高カカオのチョコレート

 

などがあります。一般的な緑茶やほうじ茶などは少なめですが、玉露はコーヒーにも引けを取りません。また、エナジードリンクもパワーが出そうですが、カフェインが多いので併用は避けましょう。

 

アルコール

アルコールも血管を広げる作用があります。アルコールを飲むと体が温かくなるのはこのためです。しかし、血管が広げる効果があるのはバリフも同じなので、作用が強くなりすぎますし、バリフで拡張された血管にアルコール分がのって、酔いが非常に早く強く回ってしまいます。いつもは何でもない量のアルコールでも、酔いすぎてしまう可能性があります。

アルコールはリラックス効果もありますが、過度の飲酒は避けましょう。

 

グレープフルーツ

フルーツの中でも、身近なグレープフルーツは避けなくてはなりません。

グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分が原因で副作用が強く出る可能性があります。

バリフは胃のある分解酵素で多少は分解されてから吸収されますが、フラノクマリンはこの分解酵素をブロックする作用があるので、過剰なバリフが吸収されてしまいます。すると副作用が強く出て、体の負担が増してしまうのです。

しかもジュースやゼリー、ジャムなどの加工品でもフラノクマリンは含まれているので、デザートなどにも気を付けましょう。

 

併用禁止の薬

身近な食べ物や飲料でも注意が必要ということがわかりました。

その他に、薬でもおすすめできないものがあります。薬を服用している人は、自分の薬の成分を今一度チェックしておきましょう。もし判断できないようなら、かかりつけの医師や薬剤師などに相談してみると確実です。ここからは、併用禁止の薬を紹介します。

 

硝酸剤及びNO供与剤

硝酸剤及びNO供与剤を利用している人がバリフを利用すると、急激な血圧低下に陥ります。最悪の場合、死に至ってしまう可能性があるほどです。

バリフと硝酸剤及びNO供与剤を併用することで血圧が短時間で低くなってしまい、重篤な症状になってしまう可能性が指摘されています。どちらも血圧を下げる作用があるので、ダブルで作用すると相乗効果で危険な水準まで落ちてしまいます。

 

アミオダロン塩酸塩

アミオダロン塩酸塩を含む薬でも、体への負担が増えて危険な状態になる可能性があります。アミオダロン塩酸塩とバリフの成分が一緒に存在することで、心臓機能への負担が増してしまうのです。

負担が一定期間だとカバーできますし、トラブルには至りません。しかし、アミオダロン塩酸塩は負担のかかる時間が長くなる弊害もあります。心機能への負担がかかる時間が伸びれば、大きな負担が残り影響が出てくる可能性がアップします。

 

CYP3A4阻害薬

CYP3A4阻害薬は、バリフの成分の血中濃度を高めてしまう作用があります。濃くなれば強く効果を実感できると勘違いしやすいですが、強く出るのは副作用の方です。しかも、血管に高濃度に残っていれば、バリフの成分が長く体内に残りますので、副作用で不快な症状が残る時間も長くなってしまいます。

残念ながら効果ではなく、副作用の方が強く長く感じてしまう結果になります。

 

バリフが買えるおすすめの通販サイト

バリフは知識を身に着けて正しく利用すれば、安全で体の変化も実感できます。

副作用の次に気になるのは料金ですよね。クリニックで処方してもらうと、診察料金もかかりますし、出向く手間と人の目も気になります。

そこで人気なのが通販からの購入です。これなら自分のペースで周りの目を気にせずに、しかもリーズナブルに購入できます。中でも安心安全な通販サイトと支持されているサイトをご紹介します。

 

AIDONE

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

 

AIDONEは、海外から薬やサプリを個人輸入の代行をしてくれます。もちろんバリフも取り扱いがありとても安価なので、使い続けたいなら費用の負担も少なく済むでしょう。

土日も営業しているので、なにかあったら連絡が取れます。また、ネットからの注文のほか電話対応もしてくれるので、慣れない人でも親切丁寧でおすすめです。

 

 

お悩み宅急便

お悩み宅急便も海外からの個人輸入を代行してくれます。こちらもバリフの取り扱いがあり、良心的な価格で利用しやすいです。実際に購入して利用した人の口コミも充実しており、どれくらい時間が掛かるのか、使った実感など、参考になる情報が多いので役立つでしょう。また、すべての商品がメーカー正規品100%と宣言しています。品質や安全性も信頼できるサイトです。

 

まとめ

バリフは、少しの注意で確かな実感が得られます。ただ身近なコーヒーやグレープフルーツなどを一緒に摂取はリスクがあります。365日24時間ダメということではないので、バリフを使おうと思っている前後は気をつけましょう。

ただ、薬でも成分によってはおすすめできないものがあります。薬の場合は服用をやめるということはできませんから、必ず医師に相談するようにしましょう。

バリフは通販を利用すると手間なく、しかも使い続けるのにうれしい低予算で購入できます。うまく活用して、悩みのない自信を持てる時間を過ごしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました