バリフと抜け毛治療薬の併用は安全?副作用も徹底解説 

副作用

バリフは、医療用のED(勃起不全)治療薬「レビトラ」のジェネリック品とされており、同成分の薬です。

バリフは個人輸入代行サイトから購入をすることで、国内で承認を受けている薬よりも安く購入することができますが、過去に抜け毛(AGA)治療薬との併用で、重大な副作用を起こしてしまったことがあります。

この記事では、安全にバリフを使用していただくために、薬の飲み合わせや副作用の特徴、購入時の注意点について説明をいたします。

 

バリフの副作用に抜け毛はある? 

バリフの成分「バルデナフィル」では、ごくわずかですが抜け毛に関する副作用が報告されています。

人間の毛髪は、髪が伸びる「成長期」、髪の成長が止まる「退行期」、「休止期」という3つのサイクルを繰り返して生え変わっていますが、バルデナフィルは、「休止期」でヘアサイクルを止めてしまい、抜け毛を増やしてしまう可能性があると指摘されています。

しかし、バルデナフィルによる脱毛症については、服薬を中止することで時間をかけて改善していきます。

また、バリフを毎日服薬することはあまりないと思いますので、抜け毛の副作用に対しての影響はごくわずかと考えられるでしょう。

 

バリフの副作用

バリフは抜け毛の副作用の他にも、血管を広げる作用によって、ほてり、動悸、鼻づまり、頭痛、めまいなどの副作用が報告されています。これらの副作用は薬の作用によるものですので、薬の効果が切れてくると自然と収まります。

副作用に不安がある方は、錠剤を半分に割って服薬をしても85%以上の方に効果が認められていますので、少量から開始をしてもいいでしょう。

 

抜け毛治療薬との併用には注意が必要

バリフには飲み合わせに注意が必要な成分がいくつかあります。

不整脈の薬や水虫の飲み薬を病院から処方されている場合には、飲み合わせが問題となる場合があるため、病院で医師に相談をして適切な薬を処方していただきましょう。

 

過去にバリフと同成分の薬とAGA治療薬の「ミノキシジル」の併用による死亡例が報告されているので、バリフを飲んでいて脱毛が気になった場合に、抜け毛(AGA)治療薬を使用するには注意が必要です。

ミノキシジル製剤は、国内ではリアップなどの塗り薬のみ販売されていますが、海外では飲み薬も販売されており、個人で輸入をして購入をすることもできます。

飲み薬は効果が良いとうたわれる反面、併用時には副作用のリスクが高いため、併用は避けるようにしましょう。

 

ミノキシジルの副作用

ここでは、AGA治療薬に含まれる「ミノキシジル」にはどのような副作用があるのかを見ていきましょう。

ミノキシジルには血管を広げる作用があるため、低血圧、不整脈、動悸、立ちくらみなどの副作用が出る場合があります。

また、ミノキシジルの飲み薬は全身に影響を及ぼすため、多毛症や性欲減退、ED、肝機能障害といった副作用が出る場合があります。

塗り薬では、塗布をした場所のかゆみや湿疹、かぶれなどの副作用が生じるという報告も見られました。

 

国内で承認しているのは外用薬のみ

ミノキシジル配合のAGA治療薬には、錠剤などの飲み薬(内服薬)、ローションタイプの塗り薬(外用剤)の2種類があります。しかし、国内で承認されているミノキシジルを有効成分とするAGA治療薬は、副作用の観点から外用薬のみ。

厚生労働省からは、未承認の内服薬による肝機能障害の健康被害について注意喚起をされており、日本皮膚科学会からもミノキシジル の内服薬治療は「行うべきではない」となっています。 そのため、現在日本で承認されているのは外用剤のミノキシジル製剤のみです。

 

ミノキシジルの外用剤との併用で死亡例もある

ミノキシジルの外用薬は、体内に吸収される成分量が限定的であり、重大な副作用を引き起こすリスクは、内服薬に比べて少なく抑えられています。主な副作用は頭皮のかぶれとなり、ミノキシジル特有の作用による動悸や頭痛などの症状はごくわずかとなります。

一方、市販の外用剤とED治療薬との併用による循環器疾患での死亡例も報告されています。ミノキシジル外用剤もED治療薬も個人で購入することができますが、服薬量やご自身の病気などを考慮せずに使用してしまうと重篤な副作用を引き起こしてしまう場合があり、注意が必要です。 

 

EDや性欲減退が起こる可能性がある

一般的なAGA治療薬では、薬の作用からEDや性欲減退が起こることが懸念されています。

ミノキシジルについては、男性ホルモンに影響をする成分ではないので影響は少ないと考えられていますが、血流を改善する作用から性欲減退やEDを引き起こしてしまう可能性が指摘されています。

そのような症状が気になる場合には、服薬を中止することで徐々に改善されていくため、使用を中止して様子を見てください。

安易なED治療薬の使用は、飲み合わせの観点から避けたほうがよいです。

 

血圧低下によるめまいやふらつき

ミノキシジルは、もともと高血圧治療薬として開発をされていた経緯があり、血圧低下作用があります。そのため、血圧低下によるめまいやふらつきの症状が出る場合もあります。

特に飲酒時や他に薬を使用している場合には、こういった作用が出やすくなる場合があるため、注意が必要です。

ミノキシジル外用剤では、ミノキシジルは主に塗った部分に作用し、全身へ影響をすることは少ないですが、内服薬を使用した際には全身の血管を広げてしまうことで副作用が生じやすくなるので注意しましょう。

 

ミノキシジルは、他の薬との併用にも注意が必要

ミノキシジル内服薬は、鎮痛薬や風邪薬に含まれる成分「イブプロフェン」との併用で全身の血流が悪化する場合もあるため、服薬は控えるべきです。

また、ミノキシジルには血管拡張作用があり、高血圧や不整脈の薬など血圧を下げる薬と併用することで血圧が下がりすぎてしまい、重大な副作用につながる可能性があります。

このように、ミノキシジルには市販薬、医療用医薬品など、さまざまな成分との飲み合わせに注意をする必要があります。

 

必ず医師や薬剤師へ相談する

バリフなどのED治療薬やミノキシジルなどのAGA治療薬は、個人輸入代行サイトを通じて購入をすることができますが、安全に使用するためには副作用や飲み合わせについて理解をしておくことが重要です。重大な副作用を引き起こさないためにも、必ず医師や薬剤師へ相談をしましょう。

特に、海外の商品に添付されている説明文書では、薬の飲み合わせについての記載が漏れている場合があるので、持病のある方は自己判断せずに必ず医療機関を受診しましょう。

 

バリフが買えるおすすめの通販サイト

バリフは個人輸入代行サイトを利用することで、海外から取り寄せることができます。

個人輸入とは、個人が使用したい商品を海外から直接購入する方法です。

 海外の薬を取り寄せることで、国内で承認を受けている薬よりも安く購入をすることができますし、病院に行かずに済むのでプライバシーの気になる方や時間がない方も利用しやすくなっています。

一方で薬の使用は自己責任になるなど、国の医療制度で保障されない部分もあるため、条件や注意点をよく確認してから利用しましょう。

ここからは、実際にバリフを購入することができる通販サイトにはどのようなものがあるのか紹介いたします。

 

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

 

AIDONE

AIDONE(エイドワン)はED治療薬やAGA治療薬のほか、痛み止め、生活習慣病薬など幅広い商品を取り扱っている個人輸入代行サイトです。

トップページに男性用の薬、女性用の薬、不眠・心の病気の薬など、目的に合わせた薬が検索できるようにリンクが張られており、商品の検索が簡単に行えます。

代金の支払いについては銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済が選べます。

商品の配送は国際書留郵便、もしくは日通航空、ヤマト運輸、DHLから配送が行われ、本人確認後に商品を受け取る形となります。プライバシーに配慮した伝票となっているため、中に何が入っているかは外からはわかりづらい状態で配送されます。

 

 

お悩み宅急便

お悩み宅急便は全商品メーカー正規品100%をうたっている個人輸入代行サイトです。

商品の検索は商品名だけでなく、悩んでいる症状からも検索を行うこともできるため、同じ作用の複数種類の薬を比較することもできますよ。また、お悩み一覧というページでは、それぞれの病気を調べることができるため、病気について詳しく知りたい方にも便利なページとなっています。

代金の支払いについては銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済が選べますが、商品の配送方法は郵便局の書留小包となるため、直接、配達員から受け取る形となります。外装は、通関に必要な情報のみのシンプルな形となっており、プライバシーに配慮されています。

 

まとめ

バリフを安全に使用する際には飲み合わせへの注意、副作用への理解が重要になります。

バリフの副作用が生じたことで、AGA治療薬などを安易に使用すると重大な副作用につながる場合がありますので、服薬について気になることがあれば医師や薬剤師に必ず相談をしましょう。

また、持病がある方や飲み合わせに注意が必要な薬を使用されている方は個人輸入代行ではなく、医師や薬剤師に相談をして、安全に使用できるお薬を選択していただきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました