バリフ服用前にチョコレートを食べてもいい?注意すべき食べ物を紹介

情報・豆知識

バリフは、ED治療薬として知られるレトビラのジェネリック医薬品です。安価に手に入れやすく人気の医療品ですが、薬を服用する際に気になるのは、飲み合わせではないでしょうか。薬に含まれる成分によっては特定の食べ物に含まれる成分との組み合わせで、薬の効果が十分発揮できないことがあります。また、体に悪影響を及ぼすことも。

この記事では、バリフを服用する際に避けた方がいい食べ物があるのか、チョコレートとの相性はどうなのかを紹介します。

 

 

バリフを服用する際は脂質の多い食事に注意

バリフには、バルデナフィルという有効成分が配合されています。バルデナフィルは食事の影響を受けにくいといわれているので、さほど食事に気を付けなければいけないというわけではありません。

ただし、脂質が多い食事をとると、バリフの効果が下がってしまうことがあるので注意が必要です。有効成分は小腸で吸収されるのですが、脂肪分が多いと腸で膜を張ってしまいます。そうするとバリフの有効成分の吸収が妨げられてしまい、十分な効果が発揮できないことがあるのです。

 

事前にチョコレートを食べるとバリフの効果が出にくい?!

脂質が多い食べ物というと、チョコレートを思い浮かべる人も多いと思います。遭難した際などにはチョコレートを持っておくといいといわれる程、カロリーが高い食べ物というイメージがありますが、チョコレートに含まれる脂質は微々たるものなので、事前に食べたからといってバリフの効果を下げる程にはなりません。

よっぽど大量にチョコレートを食べるというのであれば別ですが、おやつとして食べる程度であれば大丈夫でしょう。

 

注意が必要な脂質の多いメニューとは

バリフを服用する際に気を付けたいメニューをランキング形式でいくつか紹介します。デートの際などには、事前に食事をとることも多いと思います。その際、脂質が多いメニューを覚えておくとそれを避けることができますよ。

標準的な食事であれば影響が出ることはないので、脂質が多いものだけを避けるようにすれば問題ないでしょう。

 

脂質の多いメニューベスト10

1位:揚げ物

2位:ポテトサラダ

3位:焼き餃子

4位:豚肉生姜焼き

5位:ハンバーグ

6位:焼肉

7位:ステーキ

8位:カルボナーラ

9位:グラタン

10位:ピザ

 

脂質が多いメニューとして挙げられるのは、やはり何といっても揚げ物です。とんかつやメンチカツ、コロッケ、鶏のから揚げ、エビフライ、天ぷらなど色々ありますが、揚げる際に油を吸っているのでどれも脂質は多くなっています。 そのため、バリフを服用する際には揚げ物は控えておいた方が無難でしょう。

また、焼肉やステーキ、豚の生姜焼きなどお肉を使ったメニューも脂質が多いです。これは使用する部位にもよりますが、カルビやバラ肉など脂身が多い部位だと摂取する脂質も多くなってしまいます。また、生クリームやバターを使う洋食も脂質は多くなりやすいです。

 

食事はもちろんデザートにも気を付けよう

バリフを服用する際に脂質の多い食事を避けるのは勿論ですが、甘いデザートにも気を付ける必要があります。デザートには脂質が多い食べ物が多いからです。

例えばアーモンドやピーナッツ等のナッツ類も脂質が多いですし、アイスクリームやチーズケーキ等も脂質が多い食べ物です。クリームたっぷりのケーキやパフェ等も避けた方がいいでしょう。食後に甘いものを必ず食べるという人も多いですが、できるだけヘルシーなデザートを選ぶことが大切です。

 

脂質の多い食事の他に注意すべき食べ物

バリフを服用する際には、脂質が多い食べ物以外にも気を付けなければいけない飲み物や食べ物があります。それはお酒とグレープフルーツの2つになります。グレープフルーツの場合には、グレープフルーツジュースやグレープフルーツを使ったジャムやスイーツ等にも注意が必要です。

バリフの服用前にこれらを口にすると十分な効果が得られないこともあれば、逆に効果が強く出て副作用も増強してしまうことが考えられます。では、どうしてバリフを服用する際にお酒とグレープフルーツに気を付けなければいけないのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

お酒

バリフの有効成分であるバルデナフィルには、血管を拡張して血流を良くする働きがあります。血液の流れが良くなることで、お酒を飲むと酔いやすくなってしまいますし、バリフの効果が十分に発揮されないことがあります。

お酒は少量であればリラックス効果があるので、良い影響を与えてくれることも多いです。しかし、飲み過ぎてしまうとせっかくのバリフの効果を下げてしまうので、アルコールの摂取は控え目にしておくようにしましょう。

 

グレープフルーツ

グレープフルーツには、フラノクマリンという成分が含まれており、フラノクマリンには、体内に存在している酵素の働きを弱める作用があります。

薬の有効成分は通常であればこの酵素によって分解されるのですが、フラノクマリンによって酵素の働きが弱められ、薬の有効成分が分解されずに残ってしまいます。その結果、薬の効果が通常よりも強く出てしまうのです。効果が強く出るということはいい効果ではなく、副作用が強く出てしまいます。

生のグレープフルーツだけではなく、加工したグレープフルーツジュースなども注意が必要です。

 

バリフを正しく使うためには服用時間に気をつけよう

バリフを適切に使用するためには、服用するタイミングについても気を付ける必要があります。服用するタイミングとして最適なのは、性行為を行う20分前から1時間程前。空腹時に服用するのが理想ですが、食事をしてから服用することも絶対にダメというわけではありません。通常の食事であれば、大体2時間程度で消化されますが、揚げ物や肉料理など脂質が多い食事をとった場合は、消化するのに2時間以上かかることもあります。

 

バリフ服用後は食事をしても大丈夫!

バリフを服用した後であれば、食事をしても大丈夫です。服用後であれば食事の影響を受けることはほとんどないので、安心して食事を楽しむことができます。

本当に効果があるのか心配だという人の場合には、事前に食事をせずに服用し後から食事をするというプランをたてておくと安心でしょう。

バリフは即効性のある薬なので、服用してから30分から1時間程度で効果が現れます。

 

バリフが買えるおすすめの通販サイト

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

 

バリフは、通販サイトで購入するのがおすすめです。日本国内の薬局やドラッグストアなどでは販売されていないので、購入することはできません。

今回は、バリフが購入できるおすすめの通販サイトとして「AIDONE(エイドワン)」と「お悩み宅急便」をご紹介します。

通販サイトであればインターネットを通じて注文することができるので、病院に行って処方箋を貰う必要もなく、自宅に届けてもらえてとても便利です。

 

AIDONE

AIDONE(エイドワン)は、医薬品の個人輸入代行も行っている通販サイトです。

バリフを始めとするED治療薬も色々扱っており、早漏改善の薬やAGA治療薬などもあります。また、性感染症の治療薬や生活習慣病の医薬品など幅広い医薬品が豊富に揃っており、全ての商品が100%正規品なので、安心して利用することができます。

有効成分に関しては、第三者機関が鑑定を行う等安全性が確保されており、コールセンターもあるので、何か分からないことがあれば何でも質問できます。

 

お悩み宅急便

お悩み宅急便は、ED・禁煙・性病・避妊・ダイエット・不眠などの医薬品を取り揃えている通販サイトです。海外医薬品及びジェネリック医薬品の専門店で、100%がメーカーの正規品となっています。紛い物などは紛れていないので、安心して購入することができるでしょう。取り扱っているED治療薬の1つにバリフがあります。

お悩み宅急便ではLINEの公式アカウントも設置しているので、友達登録をしておくとお得な情報や限定クーポンなどが届きますよ。

 

まとめ

今回は「バリフを服用する際にチョコレートを食べてもいいの?」という疑問にお答えしました。

一般的な食事であれば問題ありませんが、脂質が多い食事の場合には腸に油の膜がはられるためバリフの有効成分が吸収されにくくなり、効果が下がってしまうことがあります。チョコレートも大量に食べた場合や、油っぽいものをたくさん食べた場合はバリフの効果が下がってしまうことがあるので気をつけてください。

お酒の飲みすぎやグレープフルーツの摂取にも気を付ける必要があるので、事前の食事には注意して、正しくバリフを服用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました