バリフと抗生物質の薬は併用に注意!他に注意が必要な薬は?

副作用

基本的に医薬品にはほとんどのものに併用禁忌があります。併用禁忌は、併用したり薬の効果が身体から抜けない内に、服用してはいけない医薬品の飲みあわせです。

抗生物質は主に細菌性髄膜炎、細菌性肺炎、大腸菌などによる膀胱炎などの細菌感染症にかかった時に処方されるもので、処方された方も多いのではないでしょうか。抗生物質は割と身近な薬ですが、バリフと併用禁忌の薬はいくつかあるので、詳しくご紹介します。

 

バリフと抗生物質の併用には注意しよう

バリフと抗生物質を併用すると、種類によっては血中濃度を上昇させてしまい普段よりも効き過ぎる可能性があります。代謝機能に影響を与えることが多く、血中濃度が上昇したり半減期延長になって薬の作用が強くなるケースが多く、いろいろな副作用が強く出る恐れもあるので、注意が必要です。

CYP3A4阻害剤には注意が必要で、その中にはクラリス(マクロライド系抗生物質)やテリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)などがあげられます。CYP3A4阻害剤の場合、双極性障害といった精神疾患の治療や、臓器移植後の免疫抑制などに利用されている薬です。

 

抗生物質とは

抗生物質は抗菌薬や抗生剤と呼ばれていて、細菌など微生物の成長を阻害する物質です。肺炎や化膿などの細菌感染症には特に効果があり、幅広い疾患に使用されています。

1929年に、青カビの作るペニシリンと言う物質がいろいろな感染症の原因になるブドウ球菌の発育を抑制することが発見されました。このペニシリンが抗生物質の始まりで、当時不治の病だった結核もストレプトマイシンの発見により克服されたのです。抗生は命に拮抗する意味があり、病原体の細胞と拮抗し病原体を消滅することができます。人体の細胞にとって毒ではないものが、治療薬として使われるようになりました。

 

抗生物質はどういった症状の時に処方される?

抗生物質は細菌による感染症を治す薬で、感染症は細菌はもちろんウイルスでも起こることが多いです。抗生物質の場合細菌に効果がありますが、すべての感染症に対して抗生物質が利用されることはありません。細菌による感染症でも軽い症状なら、自然に治ることもあるでしょう。

感染症にはいろいろな種類があり、医師は感染症が身体のどこに起きたか確認して、検査していき原因を調べていきます。総合的に判断して、抗生物質を利用して治療するか判断することになるのです。抗生物質を利用することが多いのは、主に喉や鼻・気管支といった呼吸器系感染症。膀胱炎など尿路系感染症にも使用することがあり、蜂窩織炎など手足系感染症もあります。

 

抗生物質の他に注意すべき薬

バリフなどのED治療薬を使用する際、抗生物質の他にも服用を注意しなければならない医薬品があります。硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤、sGC刺激剤などには注意が必要で、一般的に血圧を急減に低下させる作用があるので倒れる危険性が高いです。

他にもHIVプロテアーゼ阻害剤など注意すべき薬があるので、下記で紹介する薬を処方されている方は、医師に相談してから利用しましょう。

 

硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤

硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤には、危険な血圧低下を起こす可能性があります。バリフには血管拡張作用があるので、相乗効果によって血管拡張作用が増強していき血圧が下がり過ぎるケースが多いです。

バリフの副作用には立ち眩みやめまい、失神などの発現リスクが高まることがあげられます。特にバリフやバリフの先発品であるレビトラとの併用によって、血圧が下がり過ぎるリスクが高いので併用禁忌になっています。

 

sGC刺激剤

sGC刺激剤の場合、症候性低血圧といった薬剤に起因する低血圧になる可能性があります。sGC刺激剤(リオシグアト:アデムパス)などは、他のED治療薬でも併用禁忌になっているので注意が必要です。血圧を過度に下げる恐れがあり、重篤な病を引き起こすかもしれません。バリフなどED治療薬と相性の良くない持病として脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの心血管系障害が対象です。程度の強い低血圧症や高血圧、肝機能障害や目の網膜の病気などにも注意しましょう。

 

HIVプロテアーゼ阻害剤

HIVプロテアーゼ阻害剤の場合、バリフなどと併用することにより血中濃度を上昇させることになり、普段より効き過ぎる可能性があります。バリフの成分が血管の中に残ってしまい、血中濃度は予定よりも上回って高くなり、長い間停滞することになるのです。飲んだ本人は強力な血管拡張作用により通常以上に血圧が下がってしまい、人によっては頭痛を覚えたり気持ちが悪くなるでしょう。

半減期も延長されることになるので、なかなか薬の効果がなくならない状態が続きます。

 

抗てんかん薬

抗てんかん薬などCYP3A4を誘導する薬は併用注意になっています。

抗てんかん薬は併用することによって、血中濃度を低下させるので十分な効果が得られないかもしれません。CYP3A4を誘導する薬と併用すると、血漿中濃度の低下によってバリフによる治療効果が低くなる可能性が高いです。

中にはバリフの有効成分の代謝を早めるものもあり、効果が得られなくなるという理由から併用しない方がいいことになっています。

 

他のED治療薬

他のED治療薬との併用は、安全性が報告されていないので注意が必要です。

ED治療薬にはバイアグラやレビトラ、シアリスなどがあり、これらのジェネリック医薬品の種類もたくさんあります。違う種類を併用すると、過度の血圧降下が起こったり命に関わるような可能性もあるでしょう。血中濃度が上昇する可能性もあり、副作用が強く現れるケースもあげられます。頭痛や顔のほてり、目の違和感や失神など、さまざまなリスクが考えられるので、併用は避けてください。

 

処方されている薬がある場合は医師に相談を

現在何かしら医薬品を飲んでいるなら、ED治療薬を服用する前に医師に相談しましょう。例えば硝酸剤を服用している場合、飲み薬はもちろん舌下錠や貼り薬、吸入薬やスプレー、塗り薬などすべてが併用禁忌です。

抗不整脈薬にも注意が必要で、併用すると心臓の鼓動に何かしら異常をきたす可能性もあります。内服の抗真菌薬も同じで、爪白癖で処方されることが多いですがその場合も併用禁忌です。塗り薬についてはレビトラの場合併用禁忌になっており、バイアグラやシアリスは併用注意になっています。ED治療薬によって併用禁忌か併用注意のものがあるので、医師に相談しながら服用しましょう。

 

バリフが買えるおすすめの通販サイト

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

現在はインターネット通販の普及によって、海外からいろいろなアイテムを簡単に購入することができるようになりました。

日本ではまだ承認されていない医薬品やサプリメントなども、海外輸入代行サイトを利用すれば気軽に注文することが可能です。バリフなどのED治療薬を取り扱っている通販サイトもあり、煩わしい書類関係をすべて任せることができます。

ここでは、バリフを購入する際におすすめの通販サイトをご紹介します。

 

AIDONE

AIDONE(エイドワン)はお得にいろいろな医薬品を購入できるサイトです。海外製の医薬品をお得に買い物をしたい人におすすめで、商品を纏めて購入するとセット価格で更にお安く購入することができます。

中身の分からないダンボールにまとめて郵送されるので、周囲の人に知られずに入手することが可能です。問い合わせの対応も誠実で、安心して利用することができます。

取り扱っている商品は100%正規品になっており、有効成分について第三者機関による鑑定が行われているので安心です。

 

お悩み宅急便

お悩み宅急便はインターネット注文について24時間受付しているので便利です。欲しい時にすぐに注文することができ、いろいろな悩みを抱える人に高品質な医薬品を安い価格で提供しています。医薬品はすべてメーカー正規品になっており、チェックを行って確認しているので安心です。

いろいろなジェネリック医薬品を取り揃えており、医薬品メーカーの規模や成分などについて、規定で確認した薬のみを販売しています。医薬品の発送はスピーディで、プライバシーを守るため中身が見えない状態で郵送してくれます。

 

まとめ

今回はバリフと抗生物質の併用についてを中心に、他にも併用に注意すべき薬についてご紹介しました。

バリフは三大ED治療薬レビトラのジェネリックで、効き目が早く人気のある薬ですが、併用禁忌薬がいくつかあるので注意が必要です。知らずに併用してしまうと、最悪の場合は命に関わることも。バリフは通販サイトで気軽に購入できるのがメリットですが、不安のある方は必ず医師に相談して安全に服用してくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました