花粉症の薬とバリフは併用してもいい?

副作用

ED治療薬のバリフを使ってみたいけど、花粉症の薬も処方されている、一緒に服用したらどうなるのかが知りたい、と思っている方は多いのではないでしょうか。

抗生物質は主にのど・鼻・気管支など呼吸器系の感染症に処方させるものなので、鼻炎症状の改善のために花粉症の薬として処方されることも多いです。

しかし、バリフと抗生物質の併用には注意が必要になります。今回は、ED治療薬のバリフと花粉症などのアレルギー薬との併用でどんなことが起こってしまうのか、ご紹介しましょう。

 

バリフとは

バリフは、ED治療薬のレビトラのジェネリックになります。

レビトラと同じ水溶性が高い有効成分・バルデナフィルが配合されており、服用後、最短15分で効果が現れることもある人気の高いED治療薬です。

効果が早く発揮されるので、急な性行為にも対応することが出来る治療薬と言えるでしょう。また、レビトラが、1錠1000円以上するのに対し、バリフは、1錠150円程度と、レビトラと同じ有効成分を使っているにもかかわらず、価格が安いことでも知られています。

 

花粉症の薬はバリフに影響する?

花粉症で処方される薬には主にアレルギー薬、抗生物質などがありますが、目薬や抗生物質には注意が必要です。

ED治療薬バリフの有効成分のバルデナフィルは、CYP3A4という酵素により代謝されます。この酵素を阻害する作用がある薬と併用すると、代謝機能に影響を与えてしまい、血中濃度が上がったり、バリフの効果が強く出すぎることで副作用も強く出てしまうのです。

ED治療薬との併用が注意される薬は、目薬だとインタール、アレギサール、ペミラストン、ケタス、リボスチンなどの抗アレルギー薬が配合されるもの。これらは抗生物質が配合されているため、抗生物質を飲んでいなくても、副作用が出る可能性があります。

クラリスなどの抗生物質も注意が必要です。

 

抗生物質の副作用は?

抗生物質の副作用は、胃腸障害(胃のむかつき・吐き気・下痢・便秘・腹痛・消化不良・味覚異常など)、皮膚障害(かゆみ・湿疹・蕁麻疹・光線過敏症)、全身倦怠感(だるさ・筋肉痛)などがあります。

中でも、胃腸障害はよくあらわれる副作用です。空腹の状態で服用すると副作用が出やすいので、服用の前には必ず何か食べてください。

牛乳などのカルシウムを含んだ飲み物は、薬の吸収が遅くなり効果が弱まることも。また、アルコールは、抗生物質の副作用を強くさせるので注意が必要です。

 

バリフと抗生物質の併用は注意が必要

ED治療薬バリフの有効成分のバルデナフィルは、肝臓や小腸でCYP3A4という酵素により代謝されます。この酵素を阻害する作用がある薬と併用すると、代謝機能に影響を与えてしまい、血中濃度が上がったり、副作用も強く出てしまいます。

抗生物質にはCYP3A4を阻害する作用があり、バリフと抗生物質を併用した結果、バリフの効果が4倍に上がってしまった例もあります。効果が上がるというのはいい意味ではなく、副作用が強く出てしまうということなので、バリフと抗生物質の併用には注意が必要です。

 

バリフの副作用は?

バリフの副作用には、ほてり・目の充血・頭痛・動悸・視力の欠如・呼吸困難などがあります。バリフの副作用はバイアグラよりも軽めと言われており、副作用といっても発生率は動悸などは0.1%以上1%未満と確率はとても低いです。

ここからは、バリフの副作用についてご紹介します。対処法も紹介しているので、もし副作用が出た時には参考にしてみてください。

 

頭痛

バリフの血管拡張作用が、陰茎以外のところで働いてしまうことで起こるのが頭痛です。

脳の血管が拡張されると、こめかみあたりの神経が圧迫され、頭痛が起こります。

バリフの副作用として比較的よく起こりやすい副作用で、市販の頭痛薬などで改善されます。頭痛がひどい場合は頭痛薬を飲みましょう。

頭痛が起こるということはバリフが効いている証拠でもありますので、バリフを服用後に軽い頭痛などがあれば、ED改善効果が現れていると考えてもいいでしょう。

ひどい痛みの時はほかの病気も考えられますので、受診をしてください。

 

顔のほてり、目の充血

顔のほてりや目の充血も、血管拡張作用による副作用です。

バリフ服用後、15分くらいで副作用である顔のほてり・目の充血が現れることが多いと報告されています。

バリフが効いている証拠でもあるので、そこまで気にしなくてもいいとは思いますが、気になる方は、バリフの服用はやめたほうがいいと思います。

性欲求によりペニスへ血流が流れると、副作用も落ち着いてくるでしょう。バリフの効き目が切れる4~5時間後には改善します。

 

視力の欠如

まれにですが、副作用として視力の欠如が現れる場合があります。

目に見えるものが青色に見え、青色の眼鏡をしているような感覚になったり、青と緑の区別がつかなくなったりなどの視覚異常が、0.1%以上1%未満の発生率で報告されています。

多くの場合は一過性のため問題はないのですが、著しく視力が低下する場合は非動脈炎性前部虚血性神経症の疑いがありますので、急激な視力の低下や視力喪失の症状が現れた場合には、眼科の受診をしてください。

 

呼吸困難

バリフの副作用の中には、呼吸困難になった方もいることが報告されています。

これもまれに起こるバリフの副作用です。

ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビド・ニコランジルなどの硝酸剤などを使用していたり、バリフの有効成分であるバルデナフィルの配合された薬剤でアレルギー反応を起こしたことがある方などは、副作用として呼吸困難が現れる場合がありますので、バリフの服用はやめるか、十分な注意の上での使用をしてください。

 

服用中の薬がある方はよく確認を

以下の薬を処方されている方はバリフと併用すると重篤な副作用が起こる場合がありますので、注意が必要です。

 

  • 人工透析中の方
  • ほかのED治療薬を使っている方
  • ニトログリセリンやアンカロンなどを服用している狭心症や心筋梗塞の方
  • 肺動脈高血圧症薬を服用している方
  • 抗HIV薬を服用している方
  • 抗真菌薬を服用している方網膜色素変性の方

 

こういった方はバリフは使用しないでください。不安のある方は必ず医師に相談しましょう。

バリフは安全な薬で手軽に手に入れることができるのがメリットの薬ですが、処方箋もいらないため、現在他の薬を処方されている方はしっかりと確認してください。

 

バリフが買えるおすすめの通販サイト

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

 

ED治療薬のバリフを使ってみたいけど、バリフを使っている方がどんなふうに手に入れているのかがわからない……という方も多いのではないでしょうか。

バリフは日本国内では販売されていませんが、ネットで個人輸入することができます。個人輸入と聞くと難しく思われるかもしれませんが、個人輸入サイトを使えば普通のネット通販と同じように簡単に購入することができます。

しかし、中には偽の薬を売っている悪質なサイトもあるので、今回はバリフが買えるおすすめの通販サイトをご紹介します。

 

AIDONE

AIDONEは、海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行通販サイトです。こちらの商品は100%正規品保証しており、有効成分は第三者機関によって鑑定しています。

コールセンターもあるので困った時にはスタッフが対応してくれるのも安心できますね。

ネット注文は24時間受け付けていて、欲しいと思ったときに注文することが出来ます。

配達は自宅以外に郵便局留めも対応可能なのでプライバシーも守られますね。日本全国に配達可能です。

 

お悩み宅急便

お悩み宅急便は、ジェネリック医薬品の海外医薬品通販サイトです。

国内では手に入らない希少価値がある薬やジェネリック医薬品を数多くそろえています。

世界中の高品質な薬を安い価格で提供していて、メーカー正規品であることを不定期にチェックしています。

購入できる数や郵送先などの希望が出来ない点は、デメリットではありますが、医薬品メーカーの規模や主成分などを確認できた医薬品だけを扱っているので、安心です。

 

まとめ

レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルが配合されているED治療薬のバリフですが、花粉症で薬を処方されている人には、服用のときの注意が必要です。

今や日本の国民病とも言われるくらい患者数の多い花粉症なので、バリフを使いたい時は医師に相談すると安心です。

知らずに併用してしまうと副作用が強く出てしまったり、時には命に関わることもあります。価格も安く通販で手軽に購入することができるバリフですが、服用するときにはよく注意したうえで服用しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました