バリフ服用時は運動しても平気?心臓疾患を持っている場合は?

副作用

バリフの有効成分はバルデナフィルで、男性のED治療薬です。先発品であるレビトラのジェネリック医薬品になっており、インドのムンバイにあるアジャンタファーマ社が提供しています。世界中で使用されている人気の治療薬ですが、心臓疾患など持病を持っている方や処方されている薬がある方は注意が必要です。

併用注意の薬をよく確認して、安全にバリフを服用できるようにしましょう。

 

バリフとは?

バリフは海外製のED治療薬です。主成分はバルデナフィルで、三大ED治療薬の1つレビトラのジェネリック品となっています。

レビトラとは有効成分が同じで、バリフには2種類あり、タブレット製剤「バリフ20mg」とゼリー製剤「バリフオーラルゼリー 20mg」を利用することが可能。ゼリーの場合イチゴやバナナなどいろいろな味があり、アルミ個包装で1週間パックになっています。ゼリーはタブレットより吸収が速いので、即効性を望む人におすすめです。

価格も安く、人気の高いED治療薬となっています。

医師から運動制限を指示されている持病がある方は注意!

バリフは基本的に安全・安心して服用することができますが、心血管疾患などを持ってる人は注意が必要です。疾病や運動制限の程度などによりますが、服用する際は医師と相談してから試してみましょう。特に医師から運動制限を言われていたり、何かしら持病を持っている人が何も考えずに服用するのは危険です。

バリフにはいろいろな副作用もあり、バイアグラより軽いですが主に顔のほてりや頭痛などがあげられます。動悸などの症状も報告されているので、注意が必要です。

 

硝酸薬を処方されている人は特に注意が必要

硝酸薬を服用している人も危険です。硝酸薬は狭心症や心筋梗塞などで使用される医薬品で、重篤な副作用を引き起こす可能性があります。

狭心症や心不全などを治療している人は注意が必要で、併用することによって急激に血圧が下がったり、体調を崩すことが多いです。

抗不整脈薬のアンカロンも服用している方も危険で、重篤な副作用を起こすかもしれません。先発品のレビトラと同じように、バリフの場合も併用禁忌になっています。人工透析中の人や、他のED治療薬を摂取している人もやめましょう。

 

心臓疾患を持っている人がバリフを使用したい場合は?

心臓疾患などの持病を持っていても、バリフなどのED治療薬を使用したい人はいるでしょう。そのような場合はいくつか方法がありますが、常にリスクがあることを意識しながら使用しなければなりません。

医師に相談したり、激しいセックスをなるべく避けることが求められます。気を付けて服用していれば、重篤な副作用を回避することができるでしょう。

 

まずは医師に相談する

ED治療薬には何かしら副作用があり、健康的な人にも頭痛や顔のほてりなどを感じる人は多いです。その人の体質に合った治療薬を選ぶことが大事で、試しに飲む前に必ず医師の診察を受けることをおすすめします。

もし何かあっても医師に相談しておけば、その後の対処を期待することができたり、副作用についてアドバイスを受けることが可能です。気軽にカウンセリングを受けることができ、持病などについても話し合うことができるので安全です。

 

あまりに激しいセックスは避ける

心臓に何かしら疾患があると、誰でも日常生活に不安を覚えるでしょう。

心拍数を上げるような運動を避けたり、重労働なども避けるようになります。セックスもそうで、以前のようなセックスライフを送れないのではと悩む人も多いです。過度にセックスについて臆病になる必要はありませんが、あまりに激しいセックスとなると話は別です。勃起する際にかなりの血流が流れることになるので、臓器に負担をかけるかもしれません。医師に相談しながら、ノーマルなセックスライフをおすすめします。

 

バリフは心臓疾患に直接の影響はない

バリフは心臓に直接悪く影響するということはありません。例えばED治療薬で有名なバイアグラの場合、狭心症の治療薬として開発されました。血管を拡張しながら血圧を下げる薬になるので、心臓への負担を軽減することが可能です。尚、注意点があり、ED治療薬を服用した際勃起力が上がるので、セックス時のテンションが上がりついつい頑張り過ぎてしまうことがあります。行為自体が激しくなると、心臓に負担をかけるケースが多いので、勃起力が上がったとしても、テンションが上がり過ぎないよう注意することが大切です。

 

心臓疾患の他に服用に注意すべき病気は?

バリフは心臓疾患の人が服用する際には注意が必要ですが、その他の病気にも注意が必要です。狭心症の薬であるニトログリセリンなどの硝酸剤を使っている人や、HIVを患っている人も禁止されています。抗真菌薬や抗不整脈薬などを服用する人も危険で、性血栓塞栓性肺高血圧の人にも注意が必要です。

用量にも注意が必要で、効果を期待して規定以上の量を服用することは禁止されています。

 

高血圧・低血圧の方

高血圧や低血圧の人も注意が必要で、特に高血圧の人の場合、治療として多くの人が降圧薬を使用しています。臓器保護という目的以外に生活の質に重点をおいた降圧薬選びなども行われています。

高血圧の人でもED治療薬を利用する人もいますが、実は高血圧がEDの原因になっていることも多いです。ED治療薬を服用する際、血圧の数値には規定があって人によってはPDE5阻害薬は服用することができないようになっています。EDは医者に相談しにくいこともありますが、まずは根本的な原因を探ることが大事です。

 

がん治療中の方

がん治療中の人が利用する場合にも注意が必要なので、必ず医師の許可を得ましょう。例えば前立腺癌の場合前立腺を摘出する手術が多く、その際勃起神経や血管などが損傷されたり、切断されることでEDという後遺症が起こります。実際勃起できるかは術後に確認することになりますが、いろいろな要因からEDになることは多いです。手術による治療だけではなく、放射線治療や内分泌治療などによってEDになることもあるので、先に原因を明確にしてからED治療薬という選択肢を選ばなければなりません。

 

重度の肝機能障害の方

重度の肝機能障害ある場合、服用にはリスクがあります。すべての肝臓疾患ではなく、軽度なら使用できるケースもあります。どの程度なら使用できるかについて、肝臓疾患の数値を検査をして医師が判断しなければなりません。

ED治療薬は肝硬変など一般的に重度とされる症例には服用できないとされています。軽度の肝機能障害になるアルコール性肝機能障害や脂肪肝の場合は、ED治療薬を使っても問題ないケースが多いです。判断にあたって重度と軽度の差について、肝機能がどの程度働くかが焦点になります。肝臓には男性ホルモンを代謝する働きがあり、男性ホルモンは性機能に深い関係があるのです。

 

用法用量を守って正しく使用しましょう

ED治療薬は用法・容量を正しく守って使用しなければなりません。

正規品と言えども医薬品はメーカーが推奨している用量を守らないと、思わぬトラブルに繋がる可能性があります。実際に過剰摂取した人の事例として、視界に影響が現れるようになったりさまざまな症状が現れています。正規品であっても、医薬品の過剰摂取は視力などに影響をもたらすリスクがあることを利用者は知る必要があります。

タブレットの場合は水かぬるま湯で飲むようにして、決められた用法・容量を守ることによって副作用を予防することが可能です。

 

バリフが買えるおすすめの通販サイト

バリフなどのED治療薬を購入する場合、海外から個人輸入することになります。インターネット通販サイトを利用すると便利で、個人代行業者が業務を引き受けてくれるので簡単です。通販サイトではいろいろな医薬品やサプリメントなどを取り扱っていて、お得な価格で注文することが可能で、安心して利用することができますよ。

中には詐欺サイトなども紛れていることがあるので、ここでは信用できるおすすめの通販サイトを2つご紹介します。

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

 

AIDONE

AIDONEは医薬品の通販・個人輸入代行サイトで、いろいろな医薬品を取り扱っています。バイアグラ系やレビトラ系、シアリス系など種類が豊富で、女性用バイアグラやサプリメントも注文することが可能です。通常のネット通販と同じく、カートに商品を入れて注文すると海外から正規品が郵送されることになります。コンビニ払いや銀行振込、クレジットカード決済などを利用することができ、プライベート梱包を利用できるので誰にも知られずに入手することが可能です。

 

お悩み宅急便

お悩み宅急便はEDや禁煙、ダイエットなどの海外医薬品やジェネリック医薬品の専門サイトです。バリフやバイアグラなど多種多様なED治療薬を扱っており、リーズナブルな価格で注文できます。

お得なジェネリックを購入することができ、医師からの処方箋がなくても注文することが可能です。インターネットに掲載されていない商品も相談することができ、気軽に問い合わせすることができます。クレジットカードも使用することができ、中身が分からないように梱包してくれるので安心です。

 

まとめ

EDに悩む男性は多く、バリフなどED治療薬を利用する人が多いです。バリフを服用する際いくつか注意が必要で、特に持病を持っている人は医師に相談することをおすすめします。中には医師から服用を禁止されることがありますが、軽度の症状なら服用を許されるケースも多いです。

ED治療薬はネット通販で気軽に購入することができますが、服用する前に医師に確認することをおすすめします。医師からの使用許可を得てから購入した方が、安心して服用することができますよ。自分の体質にマッチしたと確認ができたなら、ネット通販を利用してリーズナブルに服用を続けることができます。

タイトルとURLをコピーしました