バリフを女性が飲んでも大丈夫?効果や副作用はどうなの?

効果・効能

バリフとは、男性の勃起不全を解消するための薬です。勃起不全は何らかの原因で、陰茎の海綿体に血が集まりづらくなり起こります。

バリフは、飲むことで海綿体の筋肉の緊張を緩め、血を集まりやすくします。

そんなバリフは、もちろん男性用に開発された薬です。

「男性の陰茎に作用するのなら、女性が飲んでも感度が上がるのでは?」と思っている人も多いですよね。
今回は、バリフを女性が飲んだらどうなるのか、服用した際の危険性はあるのか、などを解説していきます。

バリフは女性が飲むとどうなるの?

結論から申しますと、女性がバリフを飲むのは危険です!冒頭でもお話しした通り、バリフは男性が飲むことを前提として作られています。

女性への効果は医学的には立証されていません。そのため、女性が飲んでも効果が出なかったり、場合によっては深刻な副作用を引き起こす危険があります。

バリフの主な副作用(男性にも出るもの)は、顔のほてりや頭痛といわれています。

しかし女性の場合はそれだけでなく、月経過多などの副作用が出てしまう可能性があるのです。

バリフを女性が服用すると、十分な効果は得られず、深刻な副作用のリスクを背負うことになりかねません。

女性への効果は医学的証明はない

先ほどお話しした通り、バリフを女性が飲むと深刻な副作用を起こす可能性があるので、おすすめできません。

「女性がバリフを飲むと性欲が高まり、興奮する」「クリトリスが勃起してオーガズムに達しやすくなった」という噂もありますが、バリフを服用して、ペニスが勃起するのは、バリフの有効成分であるバルデナフィルの効果のおかげなのです。

このバルデナフィルにはペニスの海綿体に血液を集まりやすくする作用があるのでペニスが勃起します。

ですから、男性がバリフを服用してから性的刺激を受け、勃起するので、女性が服用しても性欲が増加し、十分な効果を得られるということは医学的に証明されていないのです。

 

陰茎と陰核の構造が似ているため、効果があるという俗説が生まれた

「バリフは女性にも効果がある」という噂は、おそらく陰茎と陰核の構造が似ていることから広まったのでしょう。

実際、陰茎と陰核は「相同器官」といわれる、元は同じで派生し別物になった器官です。

陰核は目視できる先端部分から、2つに分かれ体内で膣を包み込むように伸びています。

陰核の先端部分は「陰核亀頭」と呼ばれ、女性が感じてくると陰核亀頭に血が集まり勃起します。

男性の陰茎の構造や勃起の仕組みまで、実はほとんど同じなのです。

女性の陰核と男性の陰茎は似た構造なので、このような俗説が生まれたといえます。

 

性欲を高めるという俗説が生まれた

バリフも含め、勃起不全の治療薬に性欲を高める効果はありません。バリフは勃起を「促す」薬であり、添付文書にも性欲を高めるなどの記載はないので、ネット上で広まったデマである可能性が高いのです。

「最近性欲がなく、行為の回数が減っている」とお悩みの場合は、性欲低下の原因を考えてみましょう。

性欲減退の要因と考えられるものは主に、疲れ・生活習慣の乱れ・加齢・不満などがあります。

仕事や悩み事で疲れが溜まっていたり、そこからくる睡眠不足などで心身に負担がかかっていませんか?

また、加齢による性欲減退や、パートナーへの不満があると性欲が低下してしまいます。

性欲減退で悩んでいる際は、バリフなどの薬に頼らず根本的な解決をしましょう。

バリフに女性の性欲を増強させる効果はある?

バリフに、女性の性欲を増強させるような効果はありません。バリフの先発薬であるレビトラを100人の女性に処方した実験があります。その実験では、なんと服用した多くの女性に感度アップなどの効果が表れたそうです。

しかし、これはレビトラ(含むED治療薬)の効果で、血行が良くなったおかげだと考えられます。血行が良くなると、神経が過敏になるため感度が上がったと感じたのでしょう。

レビトラだけでなく、同様な作用の得られるバリフも同じだといえるでしょう。ただし、レビトラもそうですが、バリフも、女性が服用することの安全性が保障されていません。

「実際にバリフを飲んで試してみる」のはおすすめできません。

バリフの効果とは?

バリフにはどういった効果があるのでしょうか。ここでは男性が服用した際の効果について解説していきます。

バリフはED治療薬です。性行為時に十分な勃起ができなかったり、行為の最中に萎えてしまうなどといった方が服用する薬です。

性行為の30分ほど前に服用しておくと、性行為時に効果が発揮されます。

しかし、バリフはあくまでも勃起を「助ける」薬です。性行為の際には、陰茎に性的刺激を加えるので勃起するわけです。

ですから、服用後も同じように、バリフを服用した際にも、外部からの性的刺激が必要です。

また、バリフの一番の特徴は即効性です。バリフは服用から15分~30分ほどで効き始め、これは非常に効き目が早いといえます。効果の持続時間は8~10時間で、最大10時間続きます。

女性がバリフを服用するリスク

女性がバリフを服用した際の副作用の危険性はお話ししましたが、では具体的にどのようなリスクがあるのでしょうか。

バリフの主な副作用は、顔のほてりや頭痛ですが、女性がバリフを服用すると、バリフに含まれる「バルデナフィル」という成分の影響で、月経過多の副作用が出る可能性があります。月経過多は、ナプキンが1時間も持たないほど経血が多くなる疾患のことです。

貧血を起こし日常生活が困難になります。ここでは女性がバリフを服用するリスクを紹介していきます。

医師の処方で服用はできない

実はバリフは日本国内ではまだ未承認で、病院で医師から処方してもらうということができないのです。

バリフはドイツで作られていて、日本ではまだ安全性や有用性が調査されていません。

そのためバリフを利用するにはネット通販で購入するしかありません。

バリフはジェネリック医薬品に分類され、比較的安価で購入することができます。

しかし、安いからといって安易に通販サイトから個人輸入すると、質の良くない薬が届く危険もあります。

成分鑑定書を提示している、信頼のできる通販サイトで購入するようにしましょう。

 

女性への影響は臨床実験を行っていないので未知数

今まで女性がバリフを服用した際の危険性をお話ししてきましたが、実は女性に対する臨床実験を行っていないので、実のところはどういった影響が出るのか分からないのです。

先ほどお話しした副作用は起きるかもしれないし、起きないかもしれないということです。

「じゃあ飲んでも大丈夫」とは考えないでください。

未知数ということは、今想定されている副作用とは別の、それこそ命にもかかわるような副作用が出てしまう可能性もあるということです。

バリフは女性より男性が服用した方が質の高い性行為が行えるといえます。

 

深刻な副作用があった際、保険を受けられない

現在、日本ではED治療は保険の適用外となっています。つまり、バリフ等のED治療薬を女性が服用し、何らかの深刻な副作用が起きたとしても、保険は受けられないのです

 

また、バリフなどED治療薬の添付文書には、女性への適応はないことが明記されています。

これは、「女性がバリフを服用しても、十分な効果は望めないですよ」と公式にアナウンスしているのです。

そのため、アナウンスを無視して女性が服用し、副作用が起きたとしても、すべて自己責任となってしまうのです。

また、自己判断で安易に服用して、副作用が現れたとしても「副作用救済制度」を利用することはできないのです。

勃起薬といっても立派な医薬品ですので、本来の用途とは違った使い方をすると乱用となってしまいます。

危険性もしっかりと把握したうえで正しく服用しましょう。

女性への効果の根拠はない

先ほどもお話ししましたが、バリフの女性への効果に医学的な照明はされていませんネット上には、「女性でも効果が出た」「気持ちが高揚した」などの感想がありますが、これはバリフの血行改善作用の影響、もしくは「薬を飲んだから」という思い込みによるプラシーボ効果であると考えられます。

そもそも女性に対してバリフの臨床実験等が行われたことがないので、効果を得られるという根拠がないのです。

また、ネット上の感想を読んで「私も飲んでみたい」と思う方がいるかもしれませんが、服用はおすすめできません。

女性の不感症やオーガズム不全などは、女性用のバイアグラがあるのでそちらを利用しましょう。

まとめ

バリフは日本国内ではまだ未承認で、病院で医師から処方してもらうということができない薬です。

バリフはドイツで作られていて、日本ではまだ安全性や有用性が調査されていないため

ネット通販で購入するしかありません。

ジェネリック医薬品に分類され、比較的安価で購入することができますが

安いからといって安易に通販サイトから個人輸入すると、偽造医薬品が混入している薬が届く危険があるので注意が必要です。

そこでバリフを購入するときにおすすめの通販サイトが「AIDONE」です。

「AIDONE」であれば、安全に購入することができ、比較的リーズナブル価格で販売されているので高い人気があります。

バリフの購入を通販サイトで考えている人はぜひ、「AIDONE」で買ってみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました