AGA外用薬ミノキシジルとバリフの併用に注意!?

副作用

勃起不全の症状に対処したいなら、バリフは優秀な医薬品です。

抜け毛や薄毛改善に取り組むなら、ミノキシジルが医薬品としてサポートをしてくれます。いずれも優れた効果が期待できますし、それぞれを正しく個々に使う分にはいいのですが、同時に使うと副作用が強く出てしまうリスクがあるため注意が必要です。

この記事では、ミノキシジルとバリフの副作用について詳しく解説していきます。

 

ミノキシジルとバリフの併用に注意! 

ミノキシジルとバリフは異なる悩みの解消のためにある医薬品ですが、併用には注意をする必要があります。

薄毛改善で発毛を目指せるのが、ドラッグストアや通販でも手に入るミノキシジルです。一方、レビトラのジェネリック医薬品であり同じ成分含有なのがバリフで、勃起不全の症状改善のためにあります。

目指す目的は異なりますが、それぞれ血管拡張作用があるという共通点があるのです。その影響は悩みを解消するために働くだけではなく、複数の副作用に作用することがあります。ミノキシジルとバリフを併用すると成分の働きが重複して、副作用がより強く出てしまう可能性があるので併用は避けましょう。

 

ミノキシジルの副作用とは?

ミノキシジルは内服薬・外用薬共に、副作用が起こる可能性があります。動悸に息切れ、呼吸困難、手足のむくみや体重増加などが報告されており、また皮膚に関わる副作用は少なくありません。

頭皮の赤みや痒みなどはよくある症状で、不整脈なども考えられます。元々は高血圧治療用の血圧降下剤として開発されたことから、めまいや立ち眩みが起きることもあります。

ここでは、ミノキシジルの内服薬と外用薬の副作用について解説するので見ていきましょう。

 

内服薬(飲む薬)

ミノキシジルは元々は血圧降下剤として誕生しました。そのため、降圧剤の作用からくるいくつかの副作用が考えられます。

冠動脈が弛緩して必要な酸素もイマイチになるため、副作用として起こるのが動悸や息切れです。冠動脈が弛緩し続けることにもなるため、不整脈が起きることもあります。

拡張作用の働かない静脈は、医薬品成分の作用で血流は増加するのに、同じ量の血液を戻すことができません。戻せない分は末端へと溜まっていくので、それが副作用のひとつのむくみとなります。

 

外用薬(塗る薬)

塗るタイプの外用薬で考えられる主な副作用はさまざまな皮膚症状です。

痒みなどはミノキシジルを使うことで現れることのある症状で、含有する成分に対して、アレルギー反応が出ることがあります。特に、普段からあまり皮膚の強くない人に起こりやすい症状です。軽度の炎症や湿疹、かぶれを起こすこともあります。

人間の皮膚はバリア機能で保護されていますが、皮膚の免疫反応によりこうした症状が起きることが考えられます。

 

バリフの副作用とは? 

勃起不全症状の改善を目的に存在する医薬品のバリフは、血管を拡張して筋肉を弛緩する働きがあり、血液の流れをよくすることは勃起不全症状の改善の助けとなります。

しかし、その働きは部分的なものではなく、全身に何かしらの影響を与えるのも否めません。それがバリフを服用した際に、さまざまな形で現れる副作用になります。

バリフは他のED治療薬と比べると比較的副作用の軽い医薬品ですが、頭痛などがひどい場合は一緒に鎮痛剤をすることができます。

どんな副作用があるのか詳しく見てみましょう。

 

h3 ほてりや目の充血

バリフの副作用として多くの男性が感じるのはほてりや目の充血です。

しかし、頬が真っ赤になるほどの強いものではなく、ほんのりと感じるほどのほてりです。また、目の充血もバリフを服用すると良く見られる症状ですが、どちらも薬の成分が影響をしています。血管が薬の成分で拡張される作用によりこうした症状が起きますが、いずれも一時的なものなので気にしすぎる必要はないでしょう。

 

 頭痛

バリフの服用により、頭痛を感じるケースも多く報告されています。

しかし、起き上がっていられないほどひどいわけではなく、軽度の症状が多いです。バリフの成分は血管拡張作用をもたらしますが、それは陰茎周辺部だけではなく全身にも影響をします。その副作用として感じる1つが頭痛です。医薬品成分により脳の血管は拡張されて、三叉神経を圧迫することから頭痛が起こります。

 

動悸

心臓の拍動は普段自分では気にならないものですが、バリフを服用することで副作用として自覚することがある症状が動悸です。

強く心臓が脈を打ち、ときには脈が飛んだように感じることも。激しく鼓動するだけではなく、ふるえが出てしまうこともあります。血管の拡張作用をもたらす医薬品ですから、バリフの服用に当たり軽い動悸を感じることもよくあることです。

 

青視症

バリフの副作用として、青視症の症状が出ることもあります。青視症は、通常であればさほど意識しない青い色のものが過剰に鮮やかに見えたり、目に映るものが全体的にカラフルさを失い青っぽく見えてしまう症状です。

バリフに含まれるバルデナフィルが、視神経から脳への伝達に関わる酵素を阻害するために、こうした症状がおこります。

 

バリフは通販で買うと便利!おすすめの通販サイトをご紹介

バリフを手に入れるためには、薬の個人輸入代行サイトを使うのがおすすめです。

現在国内で厚生労働省に承認されているED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類だけなので、バリフは日本国内では手に入れることができません。

個人輸入代行サイトを使えば、処方箋なしで手軽に購入することができますよ。個人輸入といっても面倒な手続きは全てサイトが行ってくれるので、普通の通販サイトのように購入ボタンをクリックするだけです。

ここでは、バリフを購入するのにおすすめの通販サイトをご紹介します。

 

 

AIDONE 

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

バリフを手に入れるなら医薬品の通販として知られる、個人輸入代行のAIDONEがおすすめです。

豊富な医薬品数を取り揃えているネット通販で、いつでも注文をすることができます。海外から取り寄せるにしても、自分で一から海外に手配するような面倒な工程はありません。

WEBでの注文ができるのはもちろんのこと、電話注文もできるのでネット注文に慣れていない、実際に口頭でやり取りしたい人にもおすすめですよ。

お悩み宅急便

日本では入手困難なお薬も多数取り揃えているのが、バリフ購入にも便利なお悩み宅急便です。会員になれば個人情報を毎回入力する必要もなく簡単、注文をして支払いを済ませたら、商品が届くのを待つだけ。

何か不安なことがあれば電話対応もしているので安心ですし、口コミの投稿もあるので購入の参考にもなりますよ。

 

まとめ

勃起不全の症状に悩む男性に寄り添ってくれるのが、ED治療薬のバリフです。正しい服用方法を守ることで、安心して利用できるED治療薬ですが、ミノキシジルを使っている人は併用に注意しましょう。

解消する悩みが異なる薬ですから同時に使っても問題はないと感じてしまうかもしれませんが、実はどちらの医薬品も、体内での働きに似ている部分があるのです。

ミノキシジルとバリフを併用すると副作用が強く出てしまうことがあるので注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました