バリフ服用時にレモンを食べても大丈夫?フラノクマリンに注意!

副作用

柑橘類の中でも特に酸味が強く、清々しい果物のレモン。レモンは飲み物にも使われますし、料理に絞ったりして使用することも多いですよね。

しかし薬を服用する時には、柑橘類に注意が必要となっています。柑橘類にはフラノクマリンという成分が含まれており、これは薬の副作用を増強させてしまう作用があるためです。

レモンは身近な果物なので、バリフを服用する時にレモンを食べていいかも迷いますよね。

柑橘類のほかにも、バリフを服用するにあたって気を付けたい果物や食べ物があります。

バリフの十分な効果をトラブル無しで発揮するためにも、服用する前の食べ物に注意しましょう。

 

バリフ服用時にレモンを食べても大丈夫?

酸味と爽やかなみずみずしさが魅力のレモン、バリフを服用する前に口にしたいということも考えられます。

結論から言うと、レモンは適量であれば、バリフを飲むときに食べても構いません。

もともとレモンは酸味がとても強く甘みはあまり感じない果物ですから、他の甘い果物のように一度にたくさん食べることもないですよね。

レモンの砂糖漬けのような大量の砂糖を使う形になると、好きな人はつい食べすぎてしまうかもしれませんが、あくまでも適量を守るようにしましょう。

 

バリフ服用時はフラノクマリンが含まれる果実に注意!

これはバリフを服用する際に限りませんが、さまざまな果物に含まれる「フラノクマリン」は薬との併用に注意が必要です。

バリフ服用の際にフラノクマリンを摂取してしまうと血中濃度が高まるため、医薬品成分の効力だけではなく、副作用まで増強されることが考えられるためです。

健康を害する可能性もあるため、バリフ服用の際にはフラノクマリンの含まれる果実に気を付けなくてはなりません。

 

避けるべき果実

具体的に避けるべきなのはグレープフルーツです。

更に、ハッサクやブンタン、夏ミカンなどの柑橘類にもフラノクマリンは含まれています。また、ジュースやジャムなどの加工品にも注意が必要です。

柑橘類はケーキやタルトなどのデザートやジュースに加工されているものも多く、好きな方も多いはず。加工されたからといってフラノクマリンが消えるわけではないので、こういったものにも気をつけましょう。

 

適量なら大丈夫とされる果実 

柑橘類なら全てがだめと言うわけではありません。

オレンジやレモン、みかん、ポンカンやデコポンは食べても大丈夫です。食べすぎるのは考えものですが、適量を口にする分には問題はないでしょう。

 

バリフを服用する3日ほど前から注意が必要! 

フラノクマリンは、バリフの服用をするその時だけ気を付ければよいわけではありません。

フラノクマリンは摂取してから4日程度は阻害作用が働くこともあると言われているため、バリフを服用する3日くらい前から注意が必要になります。

おいしく食べた果実が、バリフの効果に思わぬ邪魔をしてしまうことのないように、計画性を持って服用すると安心です。

 

柑橘類以外に注意すべき食べ物は? 

意識するべき食品は柑橘類だけではなく、それ以外にも注意すべき食べ物があります。

セリ科植物であるセロリやパセリなどもフラノクマリンが含まれており、注意が必要な種類です。パセリを山ほど一気に食べることはまずないと思いますが、セロリに関しても食べすぎないように注意が必要です。

その他にも、身近な食べ物で注意すべきものがいくつかあるのでご紹介します。バリフを安全に服用できるよう、参考にしてみてくださいね。

 

お酒

お酒は好きな方も多いですよね。身近な存在であるお酒ですが、こちらも過度の飲酒には注意が必要です。

適量のアルコール摂取は、気分をよくして疲れをとるなどの利点もありますが、過度の飲酒は思わぬ副作用のリスクや、性的な刺激を感じにくくなるなどのデメリットがあります。

しかし、バリフは食事の影響を受けない薬なので、服用の前後に絶対にアルコールを摂取してはいけないわけではありません。

アルコールはリラックス効果があるのでEDによい面もあります。飲み過ぎには注意して、リラックスした状態でバリフを服用するようにしましょう。

 

脂質の多い食べ物

バリフは食事の影響を受けにくい薬ですが、脂質の多い食べ物には注意が必要です。

トンカツや天ぷらなどの揚げ物、脂身の多い焼肉などは通常の食事よりも消化に時間がかかり、腸に膜が張りやすくなるため、バリフの成分の吸収が阻害されてしまうのです。

バリフの服用前に食事を取りたい場合は、あっさりとしたメニューを選ぶと安心ですよ。

 

バリフは通販で買うとお得!おすすめの通販サイトをご紹介

バリフを入手するなら、通販で買う方法が簡単でおすすめです。

ネット通販ではバリフのセット販売もしており、たくさん買うほどディスカウントがつくのでお得に購入できます。

バリフなどの国内で手に入らない医薬品を買うには個人輸入の通販サイトを使うことになりますが、普通のネット通販と同じように支払いを済ませればあとは到着するのを待つだけなので簡単です。処方箋が不要なので病院に行く手間もかからないですし、いつどこからでも注文できるので便利ですよ。

ここからは、バリフを購入したい時におすすめの通販サイトをご紹介します。

 

h3 AIDONE

<a href=”https://www.joa2020.jp/”><img class=”alignnone size-large wp-image-90″ src=”https://www.super-smile.net/wp-content/uploads/2021/06/319bae0162f1e8119867274ae5daf6b0-1024×536.jpg” alt=”” width=”1024″ height=”536″ /></a>

 

AIDONEは国内では手に入りにくい海外医薬品や、各種サプリメントの個人輸入代行通販サイト。もちろんバリフの購入をするためにもおすすめです。

ED治療薬をはじめAGA治療薬に睡眠薬など、幅広いカテゴリーの商品が豊富に揃っています。お得に購入ができるうえに、注文をして配達されるまでの流れもスムーズです。

公式サイトからネットでの注文をして支払いをして、だいたい2週間から20日くらいで商品は届きます。

 

お悩み宅急便

海外の医薬品取扱個人輸入代行の「お悩み宅急便」もバリフ購入にはおすすめです。

バリフのセット内容は20mg10錠、30錠、100錠と用意がありますが、定価より割引された販売価格での購入ができます。量が多くなるほど割引率もアップされるのでお得にバリフが購入できますよ。

欲しい商品を注文したら、海外から商品が到着するのを待つだけなので難しいことはありません。何か不安なことがあれば、電話でも問い合わせができるので安心です。

 

まとめ

今回は、バリフを服用する際にレモンを食べても大丈夫?と言う疑問にお答えしました。

レモンは大量に食べることのない果物なので、過度に食べすぎなければ問題はありません。

しかし、同じ柑橘類のグレープフルーツはバリフの効果を阻害する作用があるので食べないように気をつけてくださいね。

バリフは他のED治療薬と違い食事の影響を受けにくいので、服用前にしっかり食事を楽しむことができるのがメリットです。しかし、バリフ服用時にはレモンに限った話ではなく、お酒や油っぽい食事なども過度に摂取はしないように注意しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました