バリフってどんな薬?初めて服用する方は10mgから!

飲み方

バリフはED治療薬の一つで、勃起不全症状の改善を目的にする医薬品。世界的に人気なED治療薬レビトラと同じ成分が含まれており、レビトラのジェネリック医薬品です。

オレンジの丸い錠剤が特徴的で、他のED治療薬と比較すると効果の持続時間が長く、即効性に優れているので世界中で利用されています。

レビトラと比較すると価格を抑えて購入できるので、コストパフォーマンスにも優れていますよ。

バリフは1錠につき有効成分バルデナフィルが20mg含まれていますが、日本人は半分の10mgでも十分の効果があるとの声も多く見られました。

今回はバリフの飲み方について、メリットとデメリットもご紹介します。

 

バリフってどんな薬?

バリフの主成分はバルデナフィルで、勃起を阻害する酵素PDE-を抑える働きがあります。PDE-5と呼ばれる酵素は、勃起を起こすのに必須の環状グアノシン一リン酸について分解し、環状グアノシン一リン酸が分解されると勃起が起きない状態となり、ED(勃起不全)症状になると言われます。

バルデナフィルは酵素PDE-5を抑制することができ、陰茎付近における血管拡張や陰茎内部での海綿体の筋肉を弛緩する効果があるのです。

 

バリフの飲み方

服用のタイミングとして、空腹時で性行為20分〜1時間前に利用することをおすすめします。水を使って服用し、1度服用した後にまた服用したい場合は24時間以上間隔を空けましょう。

バリフの持続時間は5時間〜10時間と言われており、服用すると強制的に勃起するのではなく性的な刺激や興奮などがあってから勃起が起きる仕組みです。

血管が拡張されたり筋肉が弛緩されるので、海綿体に血液を流れ込むことで勃起を促進することが可能となっています。

 

初めて服用する方は半分の10mgからがおすすめ

バリフは1錠につき有効成分バルデナフィルを20mg含有しています。

バリフはインドのアジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma Limited.)が製造販売しており、日本人向けに作られたものではありません。

日本人には20mgは多すぎるという声も多く見られたので、ピルカッターなどを使って割って服用することをおすすめします。

10mgでも十分効果を発揮するケースもあり、自分の体調を見極めながら用量を調整していくと安心ですよ。10mgで効果を実感できない場合は20mgへ上げてみましょう。

 

中には効果を強くするため、決められた量の2倍〜3倍を一度に服用する人がいますが、強く効果が出ることはありません。副作用が強く出てしまうことがあるので、用法用量は必ず守ってくださいね。

 

どんな効果がある?

バリフの効果については先発薬のレビトラと同じで、PDE-5酵素の働きを抑えながら陰茎の血管を拡張させることが可能です。血流量を促することで勃起を維持することができ、効き目が早く現れるのが特徴的です。

服用後40〜50分で血中濃度がピークになり、即効性があるとされています。持続時間も長めになっていて、8〜10時間ほど効果を持続することが可能です。

バリフを服用すればすぐ勃起するわけではなく、基本的に性的刺激が脳に伝わることで、効き目が現れる仕組みになります。

 

バリフのメリット

バリフにはいろいろなメリットがあります。例えば食事の影響を受けにくかったりなど、使い勝手の良いED治療薬です。

即効性が最大の特徴で、効き目の持続時間は他のED治療薬よりも長いです。副作用も軽めになっており、ピルカッターなどを使って用量を調整することができます。

ここからは、そんなバリフのメリットについてご紹介します。

 

低価格でコストパフォーマンスがよい

個人輸入代行サイトでバリフを購入する場合、取扱う業者によって少し違いがあります。

一般的にタブレット1錠あたり300円台が最高値になるでしょう。先発薬のレビトラの場合1錠1,800円になるので、かなりお得に購入することができます。

国内製造ジェネリックでは1錠1,500円前後になるので、個人輸入代行サイトの方が安さに魅力を感じる人は多いです。通販サイトを利用するとお得なセットを購入することができるので、更にコストを抑えることができるでしょう。

 

受診せず気軽に購入できる

バリフでは日本国内での販売はされていないので、通販サイトで購入することができます。

通販サイトを利用するといろいろなメリットがあり、国内で医師の診断や処方箋がないと購入できない医薬品も個人の判断で気軽に取り寄せることが可能です。

診断料もかかりませんし、海外で販売しているジェネリック医薬品なども注文することができますよ。必要な医薬品を国内で購入するより、かなり安価で取り寄せることができるでしょう。海外では有効性や安全性などが承認されているので、既に世界では広く流通しています。通販サイトを利用すると、日本にいながら正規品を注文できるので便利です。

 

食事の影響を受けにくい

バリフは食事の影響を受けにくいという特徴もメリットのひとつです。

他のED治療薬は空腹時に飲まなければならないといった決まりがあり、大切なコミュニケーションである食事をはぶかなければならないということも。

バリフは、食事の有無に関わらず性行為の1時間前に服用することが可能です。服用するタイミングに迷ったら早めに飲んでおけば、すぐに効き目を体感することができるでしょう。

服用してから性行為までの時間が早過ぎると、十分な効果を発揮することができません。

バリフは毎日飲んでも効果の減衰はなく、服用間隔の目安は24時間です。効果が弱まったから4〜5時間間隔で連続して飲むのはやめておき、効果が気になるなら空腹時に服用してみたり、脂っこい食べ物は控えることをおすすめします。

 

バリフのデメリット

いろいろとメリットの多いバリフですが、いくつか注意点もあります。

それは、有効成分のバルデナフィルの作用に伴って副作用がまれに現れることです。しかし、副作用といっても軽度なものが多く、性行為自体を妨げることはないでしょう。飲み合わせなどに注意が必要なので、用法を確認してから服用することをおすすめします。

デメリットについてもいくつか見ていきましょう。

 

副作用が起こることがある

バリフの副作用について発生頻度が高いのは頭痛や潮紅です。頭痛や潮紅ほどの頻度はないですが、ほてりや鼻づまりなどの副作用が生じるケースもあります。

頭痛や潮紅などの副作用は、バリフの血管拡張への働きが陰茎以外の部分において働くことで起こります。脳の血管などが拡張されるとこめかみの三叉神経に対して圧迫し、頭痛を引き起こすことが多いのです。

潮紅は皮膚にある毛細血管などが拡張されることによって皮膚が赤く見えますが、時間がたつにつれ次第にましになります。いずれも気にしすぎることはないでしょう。

 

併用禁忌薬がある

バリフと一緒に服用できない薬がいくつかあるので、服用前には必ず確認しておきましょう。

併用禁忌薬は硝酸剤で、これは狭心症や心筋梗塞の発作などの時に服用するニトログリセリンが代表的な薬です。硝酸剤を服用した場合、冠動脈などの心臓周辺の血管が拡張してしまい、ED治療薬を利用すると心臓に負担がかかることがあります。

硝酸剤とED治療薬を組み合わせることによって、過剰服薬(オーバードース)状態になるので、併用禁忌薬の中でも特に注意が必要です。

 

持病を持っている場合は服用できない場合も

重度の肝機能障害や血液透析が必要な腎障害の人なども服用できないケースがあります。

心血管系障害を持っていたり、心臓や血管に生じる病気がある人も服用できません。性行為が不適当と考えられたり、低血圧の人も対象です。

治療による管理が行なわれていない高血圧の人も注意が必要で、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヵ月以内の人も注意しましょう。

服用したい場合は医師と相談して服用しても大丈夫か確認をとることをおすすめします。

 

バリフを買うなら通販サイトがおすすめ!

バリフを買うなら気軽に購入できる通販サイトがおすすめです。

処方箋がいらないので病院に診察にいく時間がない……という方や、コストを抑えたいと思っている方にも最適ですよ。

 

通販サイトの中でも、AIDONEはさまざまな海外医薬品や、サプリメントなどを取り扱っている個人輸入代行通販サイトです。

ジェネリックを含めたED治療薬などを豊富に取り揃えており、幅広い品揃えから自分に合った医薬品を選択することができます。リーズナブルな料金で注文することができ、中身が分からない梱包で郵送されるので家族にばれずに購入することが可能です。お得なセット商品やキャンペーンを利用すると、コストを抑えて長く利用することができますよ。

 

まとめ

今回はバリフの服用方法についてご紹介しました。

バリフはED治療薬で、勃起不全症状を改善することができます。十分な勃起を促しながら満足感のある性行為をサポートし、中折れなど勃起不全の改善に利用することが可能です。

初めて服用する方は、半錠の10mgから始めてみるとよいでしょう。効き目が弱い場合は残りの半錠を飲めばいいだけなので、自分の体と相談しながら服用してみてくださいね。

20mg以上の服用は効果が上がるわけではなく、副作用が強く出るなどのリスクがあるので絶対に避けてください。

タイトルとURLをコピーしました