バリフを服用すると死亡するリスクはどのぐらい?バリフ服用時の注意点も解説

情報・豆知識

高い効果が期待できると評判のインド製ED治療薬「バリフ」を使用するにあたって考えなければいけないのが副作用のリスクです。

どんな薬にも副作用は付きものですが、軽微な症状ならともかく死亡する可能性もあるとなれば安易に使用できるものではありません。世界で普及が進みつつあるバリフですが副作用についてはどのように考えればよいのでしょうか?今回は、バリフの副作用と死亡のリスクについて紹介します。

 バリフを服用して死亡する可能性はある?

 バリフの服用で予想される副作用の中でも最も恐ろしいのが死亡に繋がる症状です。バリフを服用して死亡する可能性はあるのでしょうか?

結論から申し上げると、バリフを服用して死亡する可能性はゼロではありません。

バリフに限らずどんな薬でも副作用は付きものです。薬が体に効くということは人体に対し影響力を持つということです。

副作用の程度によっては、死亡に繋がる可能性は否定できず、実際に死亡例も報告されています。

バリフの元となったED治療薬レビトラを参考にすると、アメリカの医薬品を統括管理するアメリカ食品衛生局(FDA)に寄せられた報告では、レビトラの副作用は軽微なものまで含めるとかなり高い確率になっています。

大半は赤みやほてりなど数時間でおさまる軽い症状ですが中には重篤なケースも報告されています。

統計によるとバリフを服用して死亡するリスクは副作用全体のうち0.01から0.1%未満となっています。かなり低い確率とはいえ死亡する可能性が科学的に証明されている事実であることに間違いありません。

 バリフを服用するときに死亡する可能性のある危険な飲み方

 バリフを含むED治療薬については服用の仕方によって危険性が跳ね上がります。用法用量を守らず禁止されている飲み方をする人ほど副作用のリスクは出やすくなり死亡する可能性も高まります。危険な飲み方を知りそのような方法を避けることが志望リスク回避に繋がるのです。ここではバリフを服用するときに死亡する可能性のある危険な飲み方を紹介します。

併用が禁止されているものと一緒に服用する

 バリフにはいくつか併用が禁止されているものがあります。そのような禁止物とバリフを併用して服用すると効果が過剰に出てしまったり、副作用が強く出てしまったりと危険を招きます。併用が禁止されているものと一緒に服用するのは絶対にやめてください。

バリフとの併用が禁止されているものとしては、体外への排出を妨げるグレープフルーツ、血管の過剰拡大に繋がる、高血圧治療薬などの各種循環器系薬剤併用が禁止されています。また、バリフをお酒を一緒に飲むと、バリフは、血管拡張効果があるため、体内にアルコールが一気に回って倒れてしまう危険性があるのです。少量であっても禁止物との併用は非常に危険なので絶対にやめてください。

 過剰摂取する

 バリフには安全に使用するための用法用量が定められています。具体的には「1回の服用量 1(20mg)」「1日の服用は1回まで」「24時間以内の連続使用禁止」など具体的な数字が基準として設けられています。

効果を高めたいからといって過剰に摂取すると体への負担も重くなり、強い副作用を起こす原因になります。激しい動悸や息切れ、場合によっては心筋梗塞や心筋虚血など命に直結する危険な症状にもつながりかねません。死亡という最悪の事態を避けるためにも用法用量を厳守し過剰摂取しないでください。

 偽物を購入する

 ネット通販で販売されているバリフの中には悪質な偽物が存在します。偽物を購入してしまうと効果が出ないだけでなく、人体に深刻な副作用が出る恐れがあります。

偽物のバリフが小麦粉を固めたものなど、何の効果もないものであればまだいいのですが法律で禁止されている成分を含む劇薬まがいのものだと最悪の場合死に直結する可能性もあります。バリフを購入する場合は、必ず信頼できる業者のみで購入するようにしてください。相場よりも大幅に安く売られているなど怪しい業者を選んでしまうと偽物をつかまされる可能性が高く、自らの命を危険に晒すことになりかねませんのでしっかりと本物か偽物の業者か見極めることが大事です。

 バリフの成分とは?

 バリフがED治療薬として高い効果が期待できるのは含まれているバルデナフィルという成分によるものです。バリフは同じバルデナフィルを使用している三大ED治療薬の1つ、レビトラのジェネリック薬です。

ジェネリック薬とは先発薬の有効成分と同じ成分を含む後発医薬品のことで安価ながら先発薬と同じ治療効果が期待できるのが大きな特徴です。バリフには先発薬のレビトラと同じ有効成分バルデナフィルが含まれています。バルデナフィルを含むED治療薬は日本を始め世界中で承認されておりその効果も実証されています。

一般的には、1錠につきバルデナフィル10mgが含まれており11錠の摂取が基本です。バリフの成分であるバルデナフィルは、非常に即効性が高く効果を実感しやすいことからEDに悩む世界中の男性の治療に処方されています。

 バリフを使用する場合の注意点

世界中で高い効果が評価され話題を集めるバリフですが日本国内で使用する際にはいくつかの注意点があります。

多くの実績があるED治療薬であるとはいえ、薬の扱いには慎重さが求められます。未承認薬なので、日本では処方することができません。ですから、入手ルートや入手方法も限定されます。バリフの使用を希望される人は、注意点を踏まえた上で安全に使用してください。ここではバリフを使用する場合の注意点を紹介します。

 日本では承認されていない

 ED治療薬としてネットで大きな話題を集めているバリフですが、実は日本では承認されていない未承認薬です。承認されていない薬なので当然医師に処方してもらうことはできず一般の薬局薬店では購入不可能です。

安全性に関しては、製造国であるインド以外にもアメリカなど先進各国でテストが行われているので使用に問題ない水準はクリアしていますが、日本基準での審査は行われていないので注意が必要です。個人が購入し使用するのは法的に問題ありませんが、何がおきても基本的に自己責任です。

 偽造薬が多い

 未承認薬であるバリフは、非常に偽造薬が多いことでも知られています。そもそもED治療薬には偽造薬が多く、世界で最も有名なED治療薬であるバイアグラは一時期は、本物よりも偽造薬のほうが流通量が多いといわれるほどでした。

バリフは、レビトラのジェネリック薬として製造が開始されましたが、先発薬であるレビトラの製造元バイエル薬品との国際特許に関する訴訟の結果、現在ではインドにおける製造販売は停止しています。

現在流通しているのは、過去生産分の在庫しかありません。そのような供給不足もあって偽造薬が非常に多く、成功な偽物となると見分けるのは困難なのです。

 個人輸入でしか購入ができない

 バリフは未承認薬であるため国内流通が規制されています。国内のショップでは取り扱いできないため入手する手段は個人輸入に限定されます。

一昔まえと比べるとインターネットの登場により、個人輸入のハードルは大きく下がっています。個人輸入を代行してくれる業者もありますし、日本語対応のホームページを用意している海外業者もありますが、国内で手軽に購入できる一般薬と比べれば難易度が高いのは事実です。

個人輸入では、注文してから到着するまでに長い時間がかかります。場合によっては税関でひっかかる可能性もあります。時間と手間を惜しまなければ誰でもネット経由で購入可能ですが決して容易ではないのです。

 まとめ

インターネット上で大きな話題を集めるED治療薬バリフは、実際に使用した人達から高い効果があるとして大きな支持を得ていますが、使用にはリスクが伴うことは覚悟しておく必要があります。ほとんどの副作用は軽微なものですが、ごくまれにとはいえ死亡リスクが付きまとうのは無視できません。

リスクを下げるためにもバリフの使用時は必ず用法用量を守ってください。

バリフをどこで購入するか迷ったときは「エイドワン(AIDONE)」がおすすめです。

安全に購入することができ、お求めやすい価格で販売しています。バリフを安全に購入するなら是非、「エイドワン(AIDONE)」を利用してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました