「バリフ」と「レビトラ」の比較。副作用・持続時間・安全性などをご紹介!

「バリフ」と「レビトラ」の比較。副作用・持続時間・安全性などをご紹介! バリフとレビトラ比較

バイアグラはED治療において最もメジャーな医薬品ですが、バイアグラ以外の治療薬にも目を向けることで、セックスライフに大いに役立てることが出来ます。

バリフは、レビトラのジェネリック商品として通販サイトなどで購入することができます。現在市場で取り扱われているED治療薬の中でも、身体に馴染みやすく持続力が高いため、オナニーやセックスなどの性行為を時間をかけて楽しみたい方にオススメです。

今回は、ED治療として特に有名なバイアグラと、先発医薬品となるレビトラとバリフの違いをご紹介いたします。

バリフとレビトラ、バイアグラの比較表

 

薬剤名 バリフ レビトラ バイアグラ
有効成分 塩酸バルデナフィル水和物 塩酸バルデナフィル水和物 シルデナフィル
発売元 アジャンタ・ファーマ社 バイエル薬品 ファイザー社
持続時間 8~10時間 8時間ほど 4時間ほど
効果が出るまでの時間 30分~60分 15分から30分 30分~60分
副作用 頭痛や動悸など 頭痛や顔の火照り、消化不良など 胸痛、めまい、動悸など
薬の種類 錠剤20mg

オレンジ・イチゴ・パインなど7つのフレイヴァーのゼリー製剤

錠剤5mg・10mg・20mg 錠剤25mg・50mg
食事への影響 多少影響を受ける 多少影響を受ける 食事への影響を受けやすい
1箱の価格相場

(個人輸入代行サイトで購入した場合)

20mg10錠入りで、

2,000円から3,000円ほど

20mg4錠入りで、6,000円から7,000円前後 50mg4錠入りで、6,500円から7,000円前後

 

バリフはバイアグラよりも即効性・持続力共に高く、レビトラと同じ有効成分・バルデナフィルを使用していることもあり、副作用などの身体に及ぼす影響などで共通している部分があります。

バリフはレビトラ、バイアグラに比べ、唯一個人輸入代行サイトでしか購入出来ないもので価格も最も安いですが、入手する前に以下で紹介する特徴を把握する必要があります。

バリフの特徴

バリフは、代表的なED治療薬の1つ・レビトラのジェネリック医薬品で、有効成分も同じくバルデナフィルが含まれています。

インド・ムンバイに所在する製薬会社、アジャンタ・ファーマ社から製造販売されており、錠剤タイプの「バリフ20mg」と7つのゼリー製剤タイプが発売されています。

水に溶けやすく、先発型ED治療薬のバイアグラやシアリスよりも即効性に優れている違いがありますが、レビトラの製造元・バイエル薬品の医薬特許が切れる前に発売されたため、その後裁判に発展し、現在では製造が禁止され流通されている分しか入手出来ません。

レビトラの特徴

レビトラは、2004年6月からバイアグラに次いで国内発売されたED治療薬です。

有効成分は塩酸バルデナフィル水和物で、バルデナフィルとも呼ばれています。

バイアグラのよりも薬効が強く、15分から30分で勃起がしやすい状態になり、その持続時間もおよそ8時間ほど継続されます。

食事や飲酒による影響が出にくいのも特徴で、食事の場合だと約700キロカロリーまでは問題ありません。

そのため、デートの際のセックスにも便利に活用出来ます。

医療機関での処方も可能で、医師と相談しながら服用が可能ですが、心血管系の疾患を治療中の方は重篤な副作用が発症しやすいため、服用を禁止される場合もあります。

バイアグラの特徴

バイアグラは、1998年にアメリカで発売されたED治療兼肺高血圧症治療薬で、有効成分にはシルデナフィルが含まれています。

ed治療薬の元祖とも言える医薬品で、その後に発売されたジェネリック医薬品よりも、効果・持続力がコンパクトで非常に使いやすいのが特徴です。

服用後、30分~60分で効果が現れ、約4時間ほど持続しますので、オナニーやセックスで活用もしやすいです。

レビトラ同様、医療機関でも処方してもらえるため、診察結果と照らし合わせながら服用量が調整出来るのもメリットです。

バリフの有効成分バルデナフィルの効果

 

バリフにはレビトラと同じ有効成分・バルデナフィルが含まれており、勃起を鎮めようとする酵素・PDE5に作用します。

健全な勃起には、海綿体への血行を良くすることが重要で、バルデナフィルの効果によって酵素の働きが抑えられ、海綿体を始めとした陰茎周辺の血管が拡張し、その結果勃起がしやすくなる状態へと繋がるわけです。

ED治療薬の使用において、「飲むだけで自然と勃起する。」と勘違いされる方も多いですが、あくまで「勃起を促す」効果が得られるだけで、視覚・触覚などの性的な興奮が伴うことが必須です。

バリフの副作用は?

 

バリフの代表的な副作用は以下の通りです。

 

  • 顔などの火照り
  • 動悸
  • 頭痛
  • 目の充血
  • 視界全体が青みがかって見える「青視症」

 

バリフの有効成分・バルデナフィルは、血管を拡張させ陰茎への血行を促進させますが、その効果は全身にまで及びます。

全身の血の巡りが良くなるため、身体の火照りや動悸発生したり頭の血管まで拡張されるため、周辺の血管を刺激して頭痛が伴うこともあります。

また、青視症はバリフ以外のバイアグラ・シアリス・レビトラなどのED治療薬でも発症する可能性がある副作用で、これらの医薬品に共通する酵素活性を阻害する性質が引き起こす、視細胞の機能不全が原因とされています。

副作用が発症した場合は、患部やその周辺を氷で冷やし血管の拡がりを締めることが効果的で、それでも痛みが引かない場合は、市販薬を併用することも手段の1つです。

バリフは日本では認可されていない

 

バリフは日本では認可されていないため、病院やクリニックでは処方してくれません。

厚生労働省から認可されていないことが大きな理由で、日本人の体質に合っているか未確認だからです。

国内で発売されている医薬品は、日本国内で定められている「医療品医療機器等法」に基づいて人体への安全性、品質・有効性のテストが行われた上で流通されますが、海外医薬品はこの法律の対象外です。

公式ホームページでも注意喚起されていますが、後述する個人輸入代行サイトを通じての入手・服用が禁じられているわけではありません。

自己責任で行う必要があり、国内医薬品のように万が一副作用が発生した時に適用される、「医療品副作用被害救済制度」の適用対象外ということを頭に入れておく必要があります。

バリフの購入方法

バリフを入手するには、個人輸入代行サイトを利用しなければなりません。

個人輸入代行サイトとは、海外でしか認可が下りていない医薬品や話題の新薬が通販にて入手可能なサイトのことです。

通常、国外の医薬品を手に入れるには、現地まで赴きその国の言葉で交渉を行い、税関での手続きを踏んでようやく入手・使用が可能です。

しかし、個人輸入代行サイトならこれらの手順を運営会社が代わりに行うため、ユーザーは商品を選んで購入手続きをするだけのシンプルな流れで欲しい商品が手に入ります。

前述したように、バリフは国内認可が下りていないed治療薬のため、個人輸入代行サイトを利用するのが唯一の購入方法ですが、医師からの処方箋も無しで入手ができ、医療機関での診察も不要な上、まとめ買いで常にストックさせておくことができるなど、このツールならではのメリットが存在します。

バリフの服用の仕方

バリフは即効性と持続力に優れたED治療薬ですが、正しく飲まないことにはその効果を最大限に発揮することは出来ません。

用法・用量を守り、正しく使用しなければ副作用発症のリスクも高まり、最悪の場合命にも関わります。

健全なセックスやオナニーを楽しむためには、特徴を把握し、自己判断だけでの服用を避けることが大切です。

セックスの20~30分前の服用がベター

バリフは水に溶けやすいため、ED治療薬でも即効性が高い特徴があります。

バルデナフィルの血中濃度がピークに達するのが、個人差はありますが服用後30分~60分ほどですので、セックスの20分~30分前のタイミングを見計らって服用すれば最大限効果が発揮され、中折れなどでプレイが中断することもありません。

また、EDの症状は人によって異なり、錠剤タイプの20mgでは効果が出過ぎることもあります。

そういう場合は、ピルカッターなどで半分に切って服用すれば、用量過多による副作用も出にくく、必要な時間だけ陰茎を勃起しやすく調整することも可能です。

初めて服用するという方は、半錠から服用するのが良いでしょう。

できるだけ空腹時に服用する

食事や飲酒による影響を受けにくいため、デートでのセックス時にも使いやすいバリフですが、服用はできるだけ空腹時が望ましいです。

食後は、血液が胃に集中するため海綿体や陰茎部への血行が悪くなり、食事による脂分は有効成分の吸収を少なからず阻害するためです。

そのため、十分な効果に繋がりにくく、自己判断で何錠も飲んでしまうと副作用発症の引き金にもなります。

また、精力剤や媚薬などのように、性欲を増強させる効果も成分も含まれていませんので、

  • 1日1錠。
  • 24時間以上経過後に次の服用をする。
  • 水またはぬるま湯で飲む。

というルールを必ず守って下さい。

同時に摂取してはいけないもの

バリフを服用する際、併用が禁忌とされている医薬品が存在し、また現在治療中の疾患にもよって使用が厳禁なケースもあります。

  • 狭心症や心筋梗塞治療に使われる硝酸薬(ニトログリセリンなど)やアンカロン(抗不整脈薬)の服用中。
  • 抗真菌薬を使用中の方
  • 他のED治療薬との併用
  • 糖尿病などで人工透析中の場合
  • 肺動脈高血圧症薬、抗HIV薬を使用中の場合

など、上記に該当する場合は要注意で、レビトラも同様に重篤な副作用を引き起こす可能性が高いです。

レビトラは医療機関でも入手が可能なため、医師の相談のもと服用の判断が出来ますが、バリフは、個人輸入代行サイトでしか入手不可なため、服用は完全に個人の意思に委ねられることもあり特に注意が必要です

まとめ

ストレスなどの心因的な理由、加齢から来る生活習慣病など、EDになる原因は様々です。

ED治療薬は、医療機関のみに限定したツールだけで入手出来るのは昔の話で、今ではネットでも自由に購入が可能です。

しかし、その分自己責任も増え、服用には更なる注意が必要となってきました。

AIDONEでは、レビトラのジェネリック商品のバリフを取り扱っています。サイト内でも、人気の高い商品になっていますので、気になる方はぜひ一度注文してみてください。

バリフは精力剤的な効果や飲むだけで勃起するなど、何かと誤解も多い医薬品ですが、この記事を参考に快適なセックスライフの有効手段として活用してもらえれば幸いです。

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました