バリフの副作用がでたらどうする?対処法とバリフ服用のリスクとは

バリフの副作用がでたらどうする?対処法とバリフ服用のリスクとは 副作用

バリフは有効成分バルデナフィルを含んだED治療薬として知られていて、水に溶けやすい性質から服用してから効果が表れるまでの時間が短い即効性があることが特徴です。即効性の高さは勃起させたい時に行為の直前であっても十分に間に合うことから、使い勝手が良いとされています。では、バリフを服用することで副作用についてどのような点に注意する必要があるのでしょうか。

 

バリフの副作用は?

バリフを服用することで血管拡張作用により陰茎内の血流量が増えて勃起を促しますが、同時に全身の血管拡張作用により副作用が発生することがあります。主な副作用として頻度1%以上されているものは次の3種類が知られている状態です。

  • 頭痛
  • 消化器官の不調
  • 鼻詰まり

血管拡張作用により起きる頭痛は偏頭痛とも呼ばれていて、脈拍に合わせてズキズキとした痛みが続きます。陰茎の勃起に合わせて発生するので、バルデナフィルの効果継続時間が過ぎれば自然に収まるはずです。

また、消化器官の不調については下痢や消化不良といった状態になり、症状は必ずしも一定ではありません。そして、鼻詰まりに関しては鼻腔内の血管拡張が原因となっているので、バリフが効いている間だけ発生するものです。

副作用が出てしまったらどうする?

副作用と思われる症状が出てしまった際には、血管拡張作用が原因で発生しているために症状が出ている部分を冷却することが基本です。血管拡張を和らげて収縮を促す作用が冷却にはあり、副作用に合わせた対処方法があります。

  • 頭痛については痛む部分に流れ込む血管を冷やすか鎮痛剤を飲む
  • 消化器官の不調に関しては身体を冷やしつつ胃腸薬を服用する
  • 鼻詰まりは鼻周囲を冷却して鼻炎用スプレーで血管収縮を促します

上記のような痛みを取りつつ副作用が出ている部位を冷却することで、血管収縮を促して痛みを症状を緩和させることが可能です。バリフによる副作用が動悸や呼吸困難といった生命身体に関わる症状の場合は、即座に医療機関を受診する必要があります。

バリフは副作用以外にも危険性がある?

バリフを服用する際には、副作用以外にも注意しなければならない危険性として、入手したバリフが本当にバルデナフィルを含んでいるかどうかという点を挙げられます。日本国内ではバリフは未承認薬となっているので、主にインドで製造されたバリフを個人輸入代行業者を使って輸入することになるはずです。

個人輸入で入手した未承認薬には、残念ながら偽薬が含まれていることも多く、バリフではない何が入っているのか不明な薬を飲んでしまう危険性があります。また、海外基準で作られた薬のために、不純物や他の添加物として日本では許可されていない成分が含まれている可能性があります。

他のED治療薬との副作用の比較

有効成分が異なるED治療薬により発生する副作用は、個人の体質により変わるものの一定の傾向があります。

  • バリフは頭痛、消化器官の不調、鼻詰まり
  • バイアグラはほてり、頭痛、消化器官の不調
  • シアリスは頭痛、紅潮、ほてり

上記のように出やすい副作用に違いがあり、副作用の頻度もある程度変わります。何らかの副作用を自覚できる割合は、バリフで26%・バイアグラで12%・レビトラで28%という状況です。我慢できないほどの副作用が発生する割合は少ないので、体質に合うか確かめてから実際に使用する方法が望ましいと考えられます。

バリフを女性が服用したときの副作用

男性向けのED治療薬を女性が服用した場合に発生する副作用は、女性向けの治験が行われていないために全く分かっていません。バリフを服用したとしても女性には陰茎が無いために勃起することがなく、性的な興奮についての影響有無自体が検証されていない状況です。

このため、バリフを女性が飲んだ時に表れる症状そのものが不明となっていて、主たる作用が定義されていないために副作用自体も分かりません。少なくても血管拡張作用があることは分かっているので、体格が男性よりも小さく体重が軽い女性がバリフを服用すると、血管だけでなく心臓や肝臓に対しても負荷が掛かってしまうリスクがあります。

バリフの効果が実感できないときの原因

ED治療薬としてバリフを服用すれば、いざ本番を迎えた時に強い勃起力で満足できるはずと思っていても、バリフの効果を実感できないことがあります。バリフは即効性があるので行為の60分前までに飲んでおけば、効果を実感できないことは体質的に合わない以外は本人の行動による影響が大きいです。バリフの注意事項をしっかり確認した上で服用していれば、程度の差こそあれ効果が全く実感できない割合は少ないので以下のような原因を確認してみましょう。

 

性的な刺激や興奮が足りない

バリフはED治療薬であって勃起メカニズムに作用して勃起しやすい環境作りを行いますが、精力剤は含まれていません。性的な刺激となる視覚または触覚による刺激が不足していると、興奮度合いが足りないためにバリフの効果を実感できません。バリフを飲んだだけでは心拍数が少し早くなっている程度の感覚しか得られず、いざ本番を迎える前の時点で前戯だけでなくシチュエーションも含めた性的な興奮を起こす環境を作り出して初めてバリフはED治療薬としての効果を発揮します。

 

精神的なストレス

中高年向けのED治療薬として使う場合には老化や肉体疲労に伴う勃起不全が原因のためにバリフの効果を実感しやすいです。しかし、精神的なストレスや性行為に対する苦手意識または緊張が極度に高まっていると、精神的なストレスによりバリフを始めとするED治療薬が効きにくくなることがあります。軽度ならば問題有りませんが、重度の精神的なストレスを抱えている状態では、メンタルヘルスケアを先に行わないとバリフだけではED治療薬としての効き目が不十分となりやすいです。

 

お酒の飲みすぎ

お酒を飲みすぎると神経系の伝達機能が低下するので、性的な興奮を受けても勃起に繋がりません。ED治療薬は内服薬のために血中濃度が一定以上になった上で、副交感神経系が優位に立った状態で性的興奮を受けた状態での勃起を促します。陰茎の勃起は、副交感神経にある陰茎海綿体神経が刺激されることにより起きる現象です。陰茎海綿体神経への刺激に対する感度を鈍くしてしまうお酒の飲みすぎは、EDではなくても勃起しづらくなることから分かるように勃起力を低下させてバリフの効果を減退させてしまいます

まとめ

ED治療薬のバリフは、レビトラのジェネリック医薬品として海外では知られています。バルデナフィルが持つ血管拡張作用により頭痛や消化器官の不良といった症状が副作用として表れることが多いので、副作用に対する対処方法を知った上で適切な使用方法を守ることが重要です。我慢できない頭痛に対しては鎮痛剤を服用すれば問題有りませんが、動悸や呼吸困難といった重篤な副作用が疑われる場合には速やかに医療機関の受診が必要です。

お悩み宅急便では、バリフを取り扱っております。安全に購入することができ、比較的リーズナブルに購入できるため、AIDONEでもバリフは人気が高い商品です。

バリフの購入を通販サイトで考えている人は是非、AIDONEで購入してみてください。

 

副作用

バリフを飲むと頭痛が起きるてホント?気になる副作用について解説

レビトラのジェネリック医薬品として海外で製造されているバリフは、即効性に優れた点が特長のED治療薬です。バリフもレビトラと同じ有効成分が配合されているだけに、副作用として頭痛が発生する可能性があります。バリフの服用に不安を感じている...
副作用

バリフを服用するときはお酒の飲みすぎに注意!飲酒の影響で副作用や効果が下がる可能性を解説

バリフは海外製ED治療薬の一つであり、三大ED治療薬として知られる「レトビラ」とほぼ同じ有効成分をしています。効き目が早く現れるとして人気のバリフ。服用する際にはいくつか注意点があり、その中でもアルコールを摂取した直後に服用しても大...
副作用

バリフを飲むと下痢が起きるってほんと?気になる副作用について解説

高い効果が期待され、安価に入手可能なことからED治療薬として支持を集めているバリフ。インドの製薬会社が製造販売を行い、現在日本では未認証の医薬品です。そのため、購入希望者の中でも副作用を心配する人が多いようです。特に気になる副作用と...
副作用

バリフは血圧が高くても大丈夫?服用できる人とできない人とは

バリフは血圧が低くても高くても飲めない!?バリフはレビトラのジェネリック医薬品として注目を浴びているED治療薬です。しかし、誰でも飲めるわけではないって知っていましたか?この記事ではバリフの飲み方や注意点をご紹介します。
副作用

バリフを飲むと吐き気がするってホント?気になる副作用について解説

EDは男性特有の悩みであり、バイアグラなどのED治療薬はそれを解決する心強い存在です。その一方で、医師に診察を受けて処方される必要がある薬でもあり、効果だけでなく副作用も起こる可能性があります。安心してお薬による治療を受けて頂くためには...
タイトルとURLをコピーしました