バリフの効果・効能は?服用方法から副作用まで徹底解説

近年人気が高まっているED治療薬、「バリフ」をご存じですか?
「レビトラ」のジェネリック医薬品に分類されるため、比較的安価で購入できます。

 

バリフはED治療薬のなかでも成分純度が高く、世界一の販売実績があります。

しかし海外製の薬なので、本当に効くのか、どんな成分が含まれているのか気になりますよね。

 

この記事では、そんな「バリフ」の成分や効果、購入方法などを解説していきます。

 

バリフの成分は?

バリフの主成分は「バルデナフィル」です。

この「バルデナフィル」は、バリフの先発薬であるレビトラにも含まれています。

バリフはレビトラのジェネリックなので、有効成分はレビトラと同じです。

このバルデナフィルには、勃起の持続力を弱める「PDE-5」を抑制する効果があります。

レビトラは5mg・10mg・2mgの3タイプがありますが、バリフは20mgの1タイプしかありません。

5mgや20mgというのは、1回分の薬に5mgや20mgのバルデナフィルが含まれている、という意味です。

バルデナフィルの用量は20mgで、一度にそれ以上飲んでしまうと深刻な副作用を引き起こす可能性があります。

バリフにはどんな効果がある?

バリフの効果ですが、これも先発薬のレビトラとほぼ同じです。

PDE-5という勃起に関係する酵素の働きを抑制し、血流量を増やすことで勃起を促し維持します。

この「血流量を増やす」ことが、バリフの主な働きです。

バリフの特徴は、効き目の早さと持続力です。

バリフ服用後、早くて15分ほどで効果が表れ、40分~50分ほどで血中濃度がピークに達します。

その後だいたい8時間ほど効き目が持続します。バイアグラの持続時間は4〜5時間ほどなので、バリフはバイアグラよりも持続力に優れていると言えるでしょう。

ただ、バリフを飲んだだけでは効果は出ません。

というのも、バリフには勃起を助ける効果があるのみで、催淫効果はないからです。

バリフを飲んだ後に外部から性的刺激を受けることで、効果が表れます。

バリフの副作用

バリフは服用後に以下のような副作用が出る可能性があります。

・顔のほてり

・目の充血

・頭痛

・動悸

・鼻づまり

・青視症(物が青く見える)

 

バリフの副作用はバイアグラよりも軽めです。

上記の症状は、バリフの「血流量を増加させる」効果によるものだと考えられます。

副作用で青視症が表れた人のなかには、目の奥に痛みを感じたという方もいます。

また、以下に当てはまる方は、重篤な副作用が現れる場合があります。

 

・人工透析中の方

・網膜色素変性の方

・別のED治療薬を服用している

・硝酸薬や抗不整脈薬などを服用している

・肺動脈高血圧症治療薬や抗HIV薬を服用している

・抗真菌薬を服用している

 

バリフは併用禁忌となっているので、上記以外でも他の薬を服用している方は、一度医師に相談してから服用するのが良いでしょう。

バリフの服用の仕方

バリフは、1日1回1錠を水またはぬるま湯で飲みます。

一度服用したら、次に飲むまで24時間は間隔を開けましょう。

行為の1時間ほど前に服用しておくと、効果がピークの時に行為に臨めます。

また、飲み忘れた場合でも最速で15分から効き目が出始めるので安心です。

バリフは空腹時の服用が理想ですが、食後に飲んでも十分な効果を発揮します。

今まではED治療薬を服用した後にアルコールを摂取することは避けられてきましたが、バリフは服用後(あるいは服用前)にお酒を飲んでも問題ありません。

食事の後にお酒を飲んで気分を高めてから行為に…ということもバリフなら可能です。

バリフはレビトラと違って、バルデナフィル20㎎のタイプしかありません。

ED治療薬をはじめて使う方や副作用が不安という方は、ピルカッターで半分にカットして少量から服用することをおすすめします。

バリフの購入方法は?

バリフはインドの製薬会社で作られていて、実は日本国内ではまだ未承認の薬なのです。

そのため、バリフを病院で処方してもらうということはできません

では日本人はバリフを飲めないのでしょうか?

ご安心ください、インターネットの通販サイトを利用して個人輸入することで、日本にいてもバリフの購入が可能です。

ただし、日本国内のサイトではバリフの取り扱いはしていないので、海外輸入代行のサイトを利用することになります。

海外のサイトといっても、手続きはすべて代行業者が行ってくれるので日本内での通販と利用方法は変わりません。

また、日本で未承認といいましたが、バリフを海外から個人輸入することは法律でも認められています。

バリフの危険性

もしもバリフが合わない体質だった場合、バリフを服用した後に強い副作用が表れる危険性があることは留意しておきましょう。

バルデナフィルが合わない体質だと、服用後に急激な血圧低下やアナフィラキシーショックなどの深刻な症状が出てしまう可能性があります。

バリフは処方箋がいらずインターネットの通販で気軽に購入できますが、なかには悪質なニセモノをバリフと偽って販売しているサイトもあります。

ニセモノは成分が何も入っていない偽薬であったり、または別の成分が混入していることも考えられるのです。

偽薬で効果が出ないだけならいいのですが、混入している成分のせいで深刻な副作用を引き起こす危険があります。

バリフは保険が適用外となるので、何かしらの副作用や健康被害が起きても、すべて自己責任となってしまいます。

 

バリフをインターネット通販で買う危険性

バリフは世界的に人気のあるED治療薬です。

そこに悪質な業者が目を付け、バリフのニセモノを流通させていることがあります。

有効成分が入っていなかったり、なかにはバルデナフィルとは全く違う成分が混入していたという例もあります。

インターネットで通販をする際には、値段が異常に安かったり、クレジットカードが使えないといった怪しいサイトを利用しないように気を付けましょう。

バリフの1錠あたりの値段は業者にもよりますが、200円前後~300円前後となっています。

また、バリフはバルデナフィル20mgのタイプしかありません。

錠剤に40mgや60mgなどと書かれたバリフは確実にニセモノですので、購入してしまったとしても絶対に服用しないでください。

国内未承認薬なので服用にはリスクも

バリフは国内未承認薬なので、服用する際には危険が伴うことを把握しておきましょう。

未承認ということは、日本でまだ安全性や有効性が調査・証明がされていないということです。

もちろん、バリフを作っているインドの製薬会社はバリフ以外の薬も生産しているので、安全面や衛生面に大きな問題はないでしょう。

しかし、日本の医薬品医療機器等法の基準をクリアしている工場ではありません。衛生上の危険性があることも把握しておきましょう。

また、バリフは医薬品副作用被害救済制度の適用外なので、もし健康被害に遭った場合もすべて自己責任となることも理解しておいてください。

 

まとめ

バリフには、

・値段が安い

・効き目が早い(早くて服用後15分から)

・バイアグラより効果の持続時間が長い(服用後8時間ほど持続)

・空腹時でも食後でも服用できる

・服用後(服用前)にアルコールを摂取しても問題ない

・処方箋がいらず、インターネットで気軽に買える

など多くのメリットがあり、世界的にも人気の高いED治療薬です。

しかし人気がゆえに、バリフと偽ったニセモノの薬も出回っており購入時には注意が必要です。

バリフは国内未承認薬なので、医療薬副作用被害救済制度などの適用外となっているため、ニセモノを購入してしまったり健康被害が出たりしても、すべて自己責任となります。

バリフの購入なら、「AIDONE」の利用がおすすめです。

AIDONEなら、バリフを安全かつ適正な価格で購入することができます。

バリフの購入をお考えの方は、ぜひご検討ください。

 

効果・効能

バリフの効果時間は?服用するタイミングと飲み方について

バリフはED治療薬で持続時間が従来のED治療薬よりも優れているのが特徴です。しかし、日本未承認なことやネットでしか購入することができないため、バリフに興味があっても、まだバリフを試したことがない方がたくさんいると思います。 今...
効果・効能

バリフを女性が飲んでも大丈夫?効果や副作用はどうなの?

バリフとは、男性の勃起不全を解消するための薬です。勃起不全は何らかの原因で、陰茎の海綿体に血が集まりづらくなり起こります。 バリフは、飲むことで海綿体の筋肉の緊張を緩め、血を集まりやすくします。 そんなバリフは、もちろん...
タイトルとURLをコピーしました